JR西日本 103系は 101系の加速性能を向上

塗装の異なる様々な103系

奈良線

奈良線 103系
2004年2月19日 京都駅 パパぱふぅ
103 系電車は、1963 年(昭和 38 年)から 1984 年までに 3,447 両製造された電車である。前身の101 系に比べて加速度を向上させ、国鉄のおもな通勤区間に導入された。

大阪環状線

大阪環状線 103系
2013年12月17日 写真:こぱふぅ
大阪環状線 103系の大きな写真大きな写真
(1920×1080 ピクセル, 674 Kbyte)
大阪環状線 103系
2003年9月11日 大阪駅 写真:パパぱふぅ
運転席の窓の大きさが異なるので違う系列かと思ったのだが、これも103 系電車である。
このあたりの事情に詳しい方がいたら教えてください。
――トロハジメさんよりご回答をいただきました。

あの車両は昭和 53 年からの山手線・京浜東北線田端~品川間の ATC(自動列車制御装置=同区間には踏切・他線区への渡り線の接続区間を除いて、いわゆる赤・黄・青の運行用信号がありません。全て車両上で信号扱いをしますが、新幹線の CTC のように運行指令センターでトータルに運行管理をすることはできません。)の導入に伴い、その車上装置を搭載するために昭和 49 年より搭載準備を予定した車両の配備が始まり、昭和 53 年落成車からは最初から ATC を搭載した車両が配置され始めました。また、ATC の導入予定の無い中央線や総武線等にも 101 系取替のため、部品共通化のため、配置が進み昭和 56 年の 201 系登場までの繋ぎ的存在となりました。
昭和 61 年の 205 系の登場から、関西圏や仙石線への転出が始まり、現在、JR 東日本では八高線の 3500番台車、川越線の 3000番台車(台枠・機器は 72 系のもの!)くらいでしょうか。
あとは、JR 九州の筑肥線の福岡市営地下鉄相互乗入用の 1500番台車で、国鉄時代に特別に導入されたものです。
現役の車両は大部分、JR西日本が民営化前に 101 系置換用に関東地区から配転した車両が 3 分の 2 くらいは占めているのではないでしょうか。その内の一編成を見受けられたものと思います。JR西日本でも電化区間が拡大するにつれて、「103 系」の様々な改造を行っているようです。
余談ですが、特急形電車、近郊形電車や、気動車など、踏切事故の可能性のある線区を運行する車両は事故時の運転士の死傷事故防止のために運転室を高めの位置に持っていく様に車両設計する事が多いようです。E231 系も通勤形と近郊形とでは近郊形の方の運転室が高いです。


――ありがとうございました。
大阪環状線 103系
2003年8月29日 大阪駅 写真:パパぱふぅ
JR 東日本の103 系に比べ、屋根の塗装がベッタリとしている。

阪和線

阪和線 103系
2013年12月17日 鶴ヶ丘駅 写真:こぱふぅ
JR西日本発足時に 894 両が在籍していたが、2013 年(平成 25 年)現在は 288 両に減少している。
阪和線 103系の大きな写真大きな写真
(1920×1080 ピクセル, 588 Kbyte)
阪和線 103系
2013年12月17日 南田辺駅 写真:こぱふぅ
JR 東日本、JR 東海からは引退している。
阪和線 103系の大きな写真大きな写真
(1920×1080 ピクセル, 588 Kbyte)

山陽本線

山陽本線 103系
2007年8月1日 岡山駅 写真:こぱふぅ
山陽本線 103系
2006年7月23日 広島駅 写真:ままぱふぅ
山陽本線 103系
2006年7月24日 新山口駅 ままぱふぅ
JR 東日本の中央線の 103 系オレンジ電車が引退してから久しいが、JR西日本では塗色の異なる様々な 103 系が活躍している。

山陰本線

山陰本線 103系
2006年7月21日 米子駅 写真:こぱふぅ
山陰本線は、伯耆大山~西出雲間が電化されているが、キハ 40 系気動車も走っている。
103系 関連
(この項おわり)
header