特急「スーパーはくと」は振り子式の気動車

1994年の智頭線開業とともにデビュー
特急「スーパーはくと」HOT7000系気動車
2013年12月17日 島本駅 写真:こぱふぅ
智頭急行HOT7000 系気動車は、特急「スーパーはくと」として運用されている。1994 年(平成 6 年)の智頭線 (ちずせん) 開業とともににデビュー。
特急「スーパーはくと」HOT7000系気動車の大きな写真大きな写真
(1920×1080 ピクセル, 611 Kbyte)
特急「スーパーはくと」HOT7000系気動車
2018年12月27日 甲南山手駅 写真:こぱふぅ
2008 年(平成 20 年)にはグッドデザイン賞を受賞した。振り子式を採用し、最高速度は 120km/h。その後、130km/h に増速した。
特急「スーパーはくと」HOT7000系気動車の大きな写真大きな写真
(2560×1561 ピクセル, 1928 Kbyte)
特急「スーパーはくと」HOT7000系気動車
2013年12月17日 島本駅 写真:こぱふぅ
気動車では、動力伝達による反作用のため振り子機構は困難とされてきたが、JR 四国 2000 系に倣い、各台車への動力シャフトを逆回転させて回転力を相殺させることで反作用を打ち消すことで制御付自然振子方式を実現した。
特急「スーパーはくと」HOT7000系気動車の大きな写真大きな写真
(1920×1080 ピクセル, 822 Kbyte)
特急「スーパーはくと」HOT7000系気動車
2003年12月26日 大阪駅 写真:パパぱふぅ
HOT は、智頭急行の沿線となっている Hyougo(兵庫県)、Okayama(岡山県)、Tottori(鳥取県)の 3 件の頭文字をとっている。

先頭車両前部にテレビカメラを設置し、客室の前後端にあるビデオモニターに前面展望映像を映し出す。
特急「スーパーはくと」HOT7000系気動車
2012年12月14日 鳥取駅 写真:こぱふぅ
当初は車体を白く塗る予定だったが、維持費用がかかることから断念。その代わり、先頭車両には当時最大級のフロントガラスを採用した。2007 年(平成 19 年)からのリニューアルでは、イスには木材をふんだんに使い、シートは鳥取砂丘の風紋を思わせる生地に変更した。
特急「スーパーはくと」HOT7000系気動車の大きな写真大きな写真
(1600×1200 ピクセル, 1144 Kbyte)
特急「スーパーはくと」HOT7000系気動車
2004年2月17日 新大阪駅 写真:こぱふぅ
2016 年(平成 28 年)までに再びリニューアルを実施し、窓側座席にモバイルコンセントの設置したり、多目的室が設置された。便座も温水洗浄式に変わった。
厳しい予算の中で、着実に進化を遂げている。
特急「スーパーはくと」HOT7000系気動車
2012年12月14日 鳥取駅 写真:こぱふぅ
鳥取駅では、JR 東日本のキハ 47 形と連結していた。

智頭急行の歴史は古い。
1966 年(昭和 41 年)6 月、智頭線が着工されたものの、10 年後に国鉄経営再建のあおりで突然の工事中止。
その後、「消えかけた灯を再び!」の熱意が実り、鳥取・岡山・兵庫の 3県と関係 12 市町村を主体に、民間や関係団体の支援を得て、1986 年(昭和 61 年)5 月に智頭鉄道(株)が設立されて工事も再開。1994 年(平成 6 年)に完成開業となったとのこと。
智頭線の計画自体は明治時代からあったとか。
特急「スーパーはくと」HOT7000系気動車
2012年12月14日 鳥取駅 写真:こぱふぅ
智頭急行 関連
(この項おわり)
header