千葉ニュータウン鉄道・北総鉄道9100系は愛称「C-Flyer」

京成電鉄・都営地下鉄浅草線・京浜急行線に乗り入れ可能
千葉ニュータウン鉄道・北総鉄道9100系
2004年11月13日 馬込車両検修場 写真:パパぱふぅ
千葉ニュータウン鉄道・北総鉄道 9100 系電車は 1994 年(平成 6 年)にデビューした。

千葉ニュータウン中央駅~印西牧の原駅間開業に備えて 8 両編成 2 本(16 両)が新造されたもの。VVVF インバーターを搭載し、愛称は「C-Flyer」。
千葉ニュータウン鉄道・北総鉄道9100系
2006年11月5日 京急蒲田駅 写真:こぱふぅ
軽量ステンレス車で、前頭部形状は丸みを帯びた流線型とし、1 人あたりのシート幅を拡大、車いすスペース、中間車車端部へのクロスシートや、車内での AM ・ FM ラジオ聴取用の電波増幅器、カード式公衆電話(現在は撤去)などが装備されている。

京成電鉄・都営地下鉄浅草線・京浜急行線に乗り入れる。
2000 年(平成 12 年)の印西牧の原駅~印旛日本医大駅間の延伸時に、8 両編成 1 本(8 両)が新造された。
以前は都市基盤整備公団が所有し車両の管理業務を旧・北総開発鉄道が行っていたが、都市基盤整備公団の都市再生機構への改組に伴い、同公団保有の鉄道施設・車両が千葉ニュータウン鉄道に譲渡されたため、現在は千葉ニュータウン鉄道所有、北総鉄道管理となっている。しかし、側面等の表示は北総鉄道となっている。
(この項おわり)
header