富士急「フジサン特急」には 58の富士山が描かれている

2014年7月に2代目登場
富士急「フジサン特急」 8000系
2016年3月12日 壬生駅~田野倉駅間 写真:こぱふぅ
富士急行のフジサン特急は、老朽化した 2000 形に代わり、2014 年(平成 26 年)7 月に 8000 系を導入した。
富士急「フジサン特急」 8000系の大きな写真大きな写真
(2560×1506 ピクセル, 1729 Kbyte)
富士山と富士急「フジサン特急」 2000形
2016年3月12日 壬生駅~田野倉駅間 写真:こぱふぅ
車両は、小田急電鉄の 20000 形 RSEを譲り受け、改造したものだ。
車体には、選挙で選ばれた 44 山と一般公募から選ばれた 14 山の合計58 山が描かれ、先代より狂気に満ちたデザインとなっている。
富士山と富士急「フジサン特急」 2000形の大きな写真大きな写真
(2560×1754 ピクセル, 2240 Kbyte)
3 両編成で、河口湖側の 1 号車のみ全席指定(200 円)となっている。運転席の後ろはガラス張りの展望室で、ソファータイプの座席となっている。また、コントローラーを設置した子ども向け模擬運転台が人気だ。

参考サイト

フジサン特急 関連
(この項おわり)
header