名鉄 3500系は 120km/h走行可能

VVVFインバータ制御・電気指令式ブレーキ採用
名鉄 3500系
2016年12月27日 豊田本町駅 写真:こぱふぅ
3500 系電車は、6000 系の後継車として 1993 年(平成 5 年)にデビューした名古屋鉄道の通勤形電車である。VVVF インバータ制御・電気指令式ブレーキ・ワンハンドルマスコンの採用など、さまざまな新機軸が盛り込まれている。
名鉄 3500系の大きな写真大きな写真
(2560×1737 ピクセル, 1928 Kbyte)
名鉄 3500系
2016年12月27日 本宿~名電長沢駅間 写真:こぱふぅ
主電動機の出力を増強し、GTO サイリスタ素子を用いた VVVF インバータ制御を導入することで、営業最高速度を 120km/h とした。片側 3 扉で全車両の座席がロングシートの 4 両固定編成となっている。
名鉄 3500系の大きな写真大きな写真
(2560×1437 ピクセル, 1675 Kbyte)
名鉄 3500系
2016年12月27日 本宿~名電長沢駅間 写真:こぱふぅ
車体は普通鋼製。ラッシュ対策のため、乗降扉の両脇には座席を設けず立席スペースとした。実質座席定員が少ないとの指摘を受け、1996 年(平成 8 年)製造の 4 次車からは 1 両につき 8 か所に 1 人用の補助席を追加している。

車体は 6500 系後期車に準じているが、前面スカートや前照灯上の「ECB」のロゴなどで区別できる。
名鉄 3500系の大きな写真大きな写真
(1556×1920 ピクセル, 1389 Kbyte)
名鉄3500系 関連
(この項おわり)
header