西武鉄道 5000系は初代レッドアロー

レトロフューチャーなデザインに赤い帯
西武鉄道351系
2017年11月11日 横瀬車両基地 写真:こぱふぅ
5000 系は西武鉄道の特急形電車で、1969 年(昭和 44 年)10 月に営業運転開始した特急「ちちぶ」としてデビューした。101 系電車の設計を踏襲し、当初は 4 両編成だったが、のちに 6 両編成に増強され、「レッドアロー」として西武の代名詞的な存在となった。

ゆとりのある車内を目指し、車体幅を従来車よりも約 100mm 拡幅し、車体裾部ならびに窓上部に傾斜(絞り)が設けられている。ただし、その分の車体限界抵触を回避するため、車体高は従来車よりも 130mm 低くしている。
西武鉄道351系の大きな写真大きな写真
(1456×1920 ピクセル, 913 Kbyte)
前面は流線形で高運転台構造になっている。また、エッチング加工を施したステンレス製の飾り板に、立体型の西武鉄道社章がアクセントとなっているレトロフューチャーなデザインだ。クリーム色をベースにした車体塗装は、赤帯を回してスピード感を強調しており、ここから「レッドアロー」の愛称が生まれた。

1978 年(昭和 53 年)までに 6 両編成 6 本 36 両が製造され、1995 年(平成 7 年)までにすべて廃車となった。うち、先頭車のカットモデルが横瀬車両基地で保存されている。また、主要機器は [/img20050126-112508.shtm.title=10000 系](ニューレッドアロー)に受け継がれた。
西武線 関連

参考サイト

(この項おわり)
header