富士急「富士山ビュー特急」は特製スイーツが自慢

富士山に一番近いプレミアムな鉄道旅
富士山ビュー特急 8500系
2018年11月7日 大月駅 写真:こぱふぅ
富士急行の富士山ビュー特急は、2016 年(平成 28 年)4 月 23 日から運行開始した特急列車である。譲渡された JR 東海の 371 系を 3 両編成に改造し、JR 九州でお馴染みの水戸岡鋭治 (みとおかえいじ) 氏が車体デザインを担当。
富士山ビュー特急 8500系の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 1776 Kbyte)
富士山ビュー特急 8500系
2018年11月7日 大月駅 写真:こぱふぅ
特急料金はフジサン特急に準ずるが、全席指定の特別車両 1 号車は別途900 円が必要。
土休日のうちの 2 往復の特別車両は、富士急トラベルが販売するスイーツプランを予約する。ハイランドリゾート ホテル&スパのパティシエが、山梨の味覚を取り入れた富士山ビュー特急特製スイーツを利用客に提供する。
富士山ビュー特急 8500系
2018年11月7日 大月駅 写真:こぱふぅ
内装も、水戸岡氏ならではの木目調で、懐かしい日本旅館のような雰囲気を醸し出す。
富士山が世界遺産になったことで外国人観光客が増えており、こうした和風デザインはウケがいいのではないかと感じた。
富士山ビュー特急 8500系
2018年11月7日 大月駅 写真:こぱふぅ
乗車時間は、大月駅から河口湖駅までの 45 分間。ビューポイントでは、徐行運転や電車アナウンスがある。
また、アテンダントが乗務しており、記念撮影の手伝いや電車について詳しく教えてくれる。
キャッチコピーにある「富士山に一番近いプレミアムな鉄道旅」を楽しもう。

参考サイト

富士山ビュー特急 関連
(この項おわり)
header