東武鉄道 350型はスペーシアより安価な特急

1991年7月、急行列車としてデビュー
東武鉄道 350型
2019年5月3日 下小代~明神駅間 写真:こぱふぅ
東武鉄道 350 型電車は、1991 年(平成 3 年)7 月、急行列車「きりふり」・「ゆのさと」用の車両として営業運転を開始した。4 両編成で、最高速度は 110km/h。総定員は 268 名。2006 年(平成 18 年)3 月のダイヤ改正で、特急に昇格した。ただし、スペーシアとの設備差を考慮して、特急料金は安めに設定されている。
東武鉄道 350型の大きな写真大きな写真
(2560×1694 ピクセル, 2147 Kbyte)
東武鉄道 350型
2019年5月3日 下小代~明神駅間 写真:こぱふぅ
車体塗装は、6050 系100 系にならい、ジャスミンホワイトを基調とし、パープルルビーレッドとサニーコーラルオレンジの帯を巻いた。

座席は、リクライニング機能がない回転クロスシートで、フットレストを備え、背面に折り畳み式テーブルがある。
デッキ内には和式トイレ、清涼飲料水の自動販売機がある。車内販売サービスは行っていない。
東武鉄道 350型の大きな写真大きな写真
(1454×1920 ピクセル, 1535 Kbyte)
東武鉄道 関連

参考サイト

(この項おわり)
header