Windows 10 Insider Previewには新機能がてんこ盛り

2014年10月 入手
Windows 10 Insider Preview
Windows 10 Insider Preview
大きな写真大きな写真
(1542×1038 ピクセル, 499 Kbyte)
次期 OS となる「Windows 10 Insider Preview」(旧 Windows 10 Technical Preview)をダウンロードし、iMac + Windows 7 Pro (64bit) + VMware Player上にゲスト OS としてインストールしてみた。この環境でメモリを 8G バイトほど消費する。
第一印象としては、Windows 7 と 8.1 のいいとこ取りをしたうえ、コマンドプロンプトが使いやすくなっている。

Windows 10 は、2015 年(平成 27 年)7 月 29 日に正式リリースされた。現在 Windows 7/8/8.1 を利用している数億人のユーザーは、無償でアップグレードできるほか、Insider Preview 参加者もアップグレード対象である。
ただし、非正規版を使用する消費者に対しては、Windows 10 への無償アップグレードを提供しないとしている。

Windows 10 に要求されるメモリは、32 ビットは 1G バイト、64 ビットは 2G バイト。ストレージの空き容量は 32 ビットが 16G バイト、64 ビットは 20G バイト必要だ。ディスプレイは 8 インチ(解像度は 800×600 ピクセル)以上をサポートする。

.NET Framework は新しくなると見られているが、1998 年(平成 10 年)にリリースされた Visual Basic 6(VB6)のランタイムは引き続きサポートされる。
ダウンロードは無料で行えるが、Microsoft アカウント(無料取得可能)が必要だ。
Windows 10 Technical Preview」から英語版ISO イメージをダウンロードする。約 3.8G バイトある。

VMware Player では、ダウンロードした ISO イメージを選択し、Windows を選ぶことで問題なくインストールできた。インストール開始から Windows 10 が利用できるようになるまで 40 分ほどかかった。ログインアカウントは、ダウンロードしたときの Microsoft アカウントになる。
スタートボタンとスタートメニューが復活した。シャットダウンや再起動もスタートメニューから行えるようになった。
メニューには Windows 8 のライブタイルも格納されており、ここは評価が分かれるところだろう。
地味に進化したのがコマンドプロンプトだ。
マウスで範囲を指定し、CTRL+C, CTRL+V でコピペできるようになった。その他にも複数のショートカットキーが使えるようになった。

また、ウィンドウ幅を小さくしたときに、スクロールバーではなく表示文字が折り返されるようになった。
バッチ処理を常用するときに助かる機能アップだ。
システムファイルの圧縮アルゴリズムの改善や、リカバリイメージの PC への保存を不要にしたことにより、最大 15.6G バイトのストレージ容量を減らせるという。Windows 10 搭載スマートフォン・ユーザーには朗報になるだろう。

エディション

2015 年(平成 27 年)5 月、Windows 10 のエディションが発表された。
Windows 10 Home
個人向けのPC、タブレット、2in1が対象のエディション。Windows 8.1の後継に相当する。サブパターン。
Windows 10 Mobile
個人向けのスマートフォン、小型タブレットが対象のエディション。Windows Mobile 8.1の後継に相当する。
Windows 10 Pro
スモールビジネス向けPC、タブレット、2in1が対象のエディション。Windows 8.1 Proの後継に相当する。
Windows 10 Enterprise
企業向けPC、タブレット、2in1が対象のエディション。Windows 8.1 Enterpriseの後継に相当する。
Windows 10 Education
教育機関のPC、タブレット、2in1が対象のエディション。
Windows 10 Mobile Enterprise
企業向けのスマートフォン、小型タブレットが対象のエディション。
Windows 10 IoT Core
小さなフットプリント、ゲートウェイのような低コストデバイス、IoT(モノのインターネット)が対象の組み込み用エディション。
無償アップグレード対象OS のエディション対応は下記の通りである。
Windows 7 Starter Windows 10 Home
Windows 7 Home Basic Windows 10 Home
Windows 7 Home Premium Windows 10 home
Windows 7 Professional Windows 10 Pro
Windows 7 Ultimate Windows 10 Pro
Windows 8.1 Windows 10 Home
Windows 8.1 Pro Windows 10 Pro
Windows 8.1 Pro Student Windows 10 Pro
Windows 8.1 Pro WMC Windows 10 Pro
Windows 10 では、ソリティアやマインスイーパー、ハーツなどのゲームが復活し、英King の人気ゲーム「キャンディークラッシュ」もインストールされる。

Windows 7 から Windows 10 へアップグレードすると、DVD-Video 再生機能や USB フロッピーディスクドライブのドライバがが削除される。別途再生ソフトをインストールすれば問題ない。Microsoft によれば、Windows 10用の DVD 再生機能オプションを提供する予定もあるという。

変わる Windows Update

Windows 10 では Windows Update の周期が大きく変わる。
Microsoft は、セキュリティ対策やバグフィックスだけでなく、最新テクノロジーの追加投入を行うため、OS そのものを強化し続ける計画だ。これを「Windows as a Service」と表現しており、「Windows 10 が最後の OS リリースになる」と説明している。
具体的には Windows Update の周期を 4 つのグループに分ける。

Windows Insider Preview Branchは、一番早いタイミングで最新アップデートが受けられる。Windows Insider Program 参加者が利用してきたものだ。
Current Branch(CB)は、Windows 10 Home における初期設定で、年 2~3 回の大規模アップデートが行われる。
Current Branch for Business(CBB)は、企業向けの設定で、CB から約 4 カ月後にリリースされ、最大約 8 カ月間の社内テストが可能というもの。対象エディションは Windows 10 Pro/Enterprise の 2 つであり、Home は対象外だ。
Long Term Servicing Branch(LTSB)は、2~3 年に 1 回程度のリリース、最大 10 年間のサポート、新機能や機能拡張のリリースはなしと、固定された環境で長期間利用し続けたい法人ニーズに応えたものだ。サブスクリプション契約が必要な Windows SA(Software Assurance)または Enterprise Upgrade で利用可能だ。

Build 10240

2015 年(平成 27 年)7 月 15 日、Build 10240 の配信が始まった。今回の Build は、すでに Windows 10 Insider Preview をインストールした PC のユーザー向けに Windows Update経由で提供されるものだ。
実質的な RTM版(製造工程向けリリース版)と言われており、アップデート後に利用規約などを問いかけてきた。

新標準ブラウザ「Microsoft Edge」は、JavaScript テストで Chrome と Safari より高速な結果が得られたという。
いつの間にかコントロールパネルも復活している。

「設定」が使えなくなってしまったが、「[設定]が起動しない、または、かわりに ストア が起動してしまう」(MS 公式)の手順に従って、復旧することができた。

Build 10158

Windows 10 Technical Preview
2015 年(平成 27 年)6 月 29 日、Build 10158 の配信が始まった。
Web ブラウザの名称が正式に「Microsoft Edge」となり、ロゴも新しくなった。
なお、最新 Build にアップデートすると、これまで使用していたお気に入りやクッキー、履歴、リーディングリストは消失するため、それらを継続して使いたい場合はアップデート前に保存しておく必要がある。
Edge では、Silverlight がサポートされないことになった。
この他、タスクバー上のアプリアイコンの通知マークの表示やファイルダウンロードのアニメーションの変更、Cortana の強化、写真編集アプリ「Photos アプリ」でのアニメーション GIF のサポートなどが追加された。

Build 10130

Windows 10 Technical Preview
2015 年(平成 27 年)5 月 29 日、Build 10130 の配信が始まった。Windows 10 ではアイコンのデザインがフラットになったが、Build 9860 と比べて大分洗練されてきた。

「設定」アプリから「パーソナル設定」→「スタート」と進むことで、スタートメニューのカスタマイズが可能になった。
Microsoft Edge が改善され、お気に入り、リーディングリスト、そしてほかの枠もピン止めが行えるようになった。
アプリから「印刷」メニューを選択し、プリンタとして「Microsoft Print to PDF」を指定することで、PDF ファイルが作成できるようになった。

その他、多くの改善がなされている。

開発者会議「Build 2015」とユニバーサルアプリ開発

2015 年(平成 27 年)4 月 29 日にはじまった Microsoft の年次開発者会議「Build 2015」では、Windows 10 に関する新たな情報ととも、Build 10074が公開された。名称は「Technical Preview」から「Insider Preview」に変わった

開発コード名「Project Spartan」と呼ばれてきたブラウザの正式名称が「Microsoft Edge」と発表された。
Edge では描画エンジンが一新され、Google Chrome と Firefox の拡張機能やアドオンを流用できる予定だ。
また、1996 年(平成 8 年)に発表したインターネット関連技術「ActiveX」をはじめ、「VML(Vector Markup Language)」「[BHO]blue](Browser Helper Objects)」「VBScript」などの古い技術は脆弱性の原因になるため、サポートしないことが明らかにされた。
なお、従来の IE と描画エンジンも引き続き Windows 10 に搭載され、Microsoft Edge とどちらを使うか選択できる。また IE8 との互換性を維持するための「エンタープライズモード」も残る。

スマホやタブレットへの対応にも力を入れている。Windows ランタイムを再構成し、Android や Mac用アプリも動かしてしまおうというプロジェクトが進行中だ。
Project Astoria
Android用のコードを、わずかな手直しだけでWindows 10 for phones用にできる。
Project Islandwood
XcodeプロジェクトをVS 2015用にコンバートし、そのObjective-Cのコードを編集/デバッグできる。
Project Centennial
WPFやWindowsフォームなど、従来のWin32アプリを再パッケージしてWindows 10のユニバーサルWindowsプラットフォームで動かす。
Windows 10 Enterprise
Webサイトをストアアプリに変換する。JavaScriptからWindowsランタイムを利用できる。

Build 10061

2015 年(平成 27 年)4 月 22 日、Build 10061 の配信が始まった。
新しいメールとカレンダーのアプリが追加され、スタート、タスクバー、アクションセンターが半透明になり、スタートメニューはサイズを変更できるようになった。
Windows 10 の正式版は、7 月末にリリースされるとみられている。

新Webブラウザ「Spartan」

Office for Windows 10 テクニカルプレビュー
「Windows 10 Technical Preview」のビルド 10049 がリリースされ、2015 年(平成 27 年)3 月 30 日、新 Web ブラウザ「Project Spartan」(開発コード名)が加わった。

Spartan の目玉機能の 1 つ目は、表示した Web ページにスタイラスで書き込みができ、それを OneDrive に保存してユーザー同士で共有できる「アノテーション機能」だ。タッチ対応ディスプレイではない場合は、Web ページの任意の場所をクリックすることでメモを入力できる。

2 つ目は、Safari の「Reading List」のようなマルチ端末対応の“あとで読む”機能としても使える「Reading Mode」だ。
Web ページを「本のように」シンプルな表示にして読むことができ、端末に保存すればオフラインでも読める。
3 つ目は、昨年 4 月に Windows Phone 向けのパーソナルアシスタント機能として登場し、Windows Phone 8.1 に搭載された「Cortana」の統合だ。
アドレスバーから地域の天気予報をチェックしたり、アドレスバーに「Delta」と入力するだけでユーザーが予約したフライトのスケジュールが表示される。

Word は左図のように、大変シンプルな画面になった。リボンの跡形もない。
デフォルトでは OneDrive に保存される。

Office for Windows 10 テクニカルプレビュー

Office for Windows 10 テクニカルプレビュー
2015 年(平成 27 年)2 月 4 日(米国時間)、「Office for Windows 10 テクニカルプレビュー」が公開された。Windows 10 Technical Preview の「ストア(ベータ)」から無料で Word, Excel, PowerPoint がダウンロードできる。
ただひ、Build 9879 からアップデートした Build 9926 では動作せず、Build 9926 を新規インストールする必要がある。

Word は左図のように、大変シンプルな画面になった。リボンの跡形もない。
デフォルトでは OneDrive に保存される。
Office for Windows 10 テクニカルプレビューの大きな写真大きな写真
(937×1001 ピクセル, 251 Kbyte)

新しくなったコマンド・プロンプト

Windows 10 新しくなったコマンド・プロンプト
コマンドプロンプトの新機能は、テクニカルプレビュー版では実験用という扱いであり、デフォルトでは無効になっている。これをオンにするには、コマンドプロンプトを開いてプロパティ画面を表示させ、[実験用]タブで利用したい機能のチェックボックスをオンにする必要がある。
「新しい Ctrl キー ショートカットを有効にする」と、以下のショートカットが利用できるようになる。コピペができるのは便利だ。
[Ctrl]+[↑][↓][Page Up][Page Down]コンソール画面のスクロール
[Ctrl]+[M]選択モードの開始([↑][↓][←][→]などでカーソルを移動させ、[Shift]を押しながら選択する)
[Ctrl]+[A]コンソールウィンドウ内の全テキスト選択
[Ctrl]+[C]選択範囲をコピー
[Ctrl]+[V]貼り付け
[Ctrl]+[F]検索

Build 9926

Windows 10 Technical Preview
2015 年(平成 27 年)1 月 23 日(米国時間)、Build 9926 の配信が始まった。
Build 9879 からアップデートできるが、ダウンロードに 30 分、インストールに 1 時間もかかってしまった。インストールの最終段階で Bluetooth キーボードやマウスが反応しなくなるという事象が発生した。

Windows 10 では、新しいブラウザ「Spartan」(開発コード名)と従来の Internet Explorer(IE)の両方が搭載されるとアナウンスされたが、残念ながら Build 9926 に入っているのは IE のみである。

画面表示は英語のままだが、日本語入力が行えるようになった。
音声対応のパーソナルアシスタント機能「Cortana」が実装された。日本語も利用可能で、左図のようにネットとローカルの両方を検索してくれる。

Build 9879

2014 年(平成 26 年)11 月 24 日、Build 9879 の配信が始まった。
動画ファイル形式の MKV(Matroska)、HEVC(H.265)をネイティブサポートした。

Build 9860

2014 年(平成 26 年)10 月 21 日、初めてアップデートがあり、Build 9860 となった。約 7000 の改善と修正、そして新機能が追加されている。
手動でアップデートする場合、「PC Settings」→「Update and recovery」→「Preview builds」と進み、「Check Now」ボタンをクリックすることで更新される。
ダウンロードサイズは 2~2.74G バイトというが、ダウンロードから再起動してしてログイン画面に到達するまで 1 時間以上かかった。

Action Center、マルチディスプレイでアプリを移動するキーボードショートカット、デスクトップ切り替え時のアニメーションなどが主な追加機能だが、実際にアプリをインストールしてみないことには評価できない機能ばかりだ。

2段階認証を導入

Windows 10 にはに 2 段階認証機能を搭載するという。
2 段階認証の 1 つ目は端末自体で、2 つ目は PIN コード、あるいは指紋になる。例えば 1 台のスマートフォンを登録しておけば、そのスマートフォンと Bluetooth あるいは Wi-Fi で接続した端末からログインできる。
また、PIN コードあるいは指紋を登録した指と、登録済み端末の両方を盗まれない限り、自分以外がサービスにログインすることはできないことになる。

発売は2015年秋?

2014 年(平成 26 年)12 月 4 日、Microsoft の Kevin Turner COO は、2015 年(平成 27 年)の秋には Windows 10 を披露できるだろうと語った。また、Windows 10 に関するイベントを、2015 年(平成 27 年)1 月 21 日に米本社で開催すると発表した。

参考サイト

(この項おわり)
header