Webビーコンによるアクセス情報収集

(1/1)
Web ビーコンは、あなたのアクセス情報を収集するための仕組みです。
Web ビーコンは、本来、企業がマーケティング情報を収集するために考案されたものです。ところが、この情報を使って、あなたの PC を攻撃するアタッカーがいないとも限りません。

Webビーコンとは何か

HTML の中で、<IMG>タグを使って、あるサイト(A)とは別のサイト(B)にある画像を表示したとします。すると、B サイトでは、その画像にアクセスした人の IP アドレス、それに対応するリモートホスト名などを取得できます。取得できる情報は、A サイトとまったく同じです。このとき使う画像をWeb ビーコンと読んでいます。
これらの情報から個人を特定することは困難ですが、いつ、どの IP アドレスからアクセスがあったか補足することはできます。

Web ビーコンとそうでない画像を区別することは事実上不可能です。
公告バナーや公告メール(HTML メール)の 90%以上にはWeb ビーコンが仕組まれていると言われています。Web ビーコンは、マーケティング上、たいへん有用なツールなのです。

掲示板やブログに埋め込まれたWebビーコン

Web ビーコンは 1 ドット四方の小さな白い画像でも、その役割を果たします。
そこで、<IMG>タグを投稿できる掲示板やブログにWeb ビーコンを埋め込む人がいます。これほど小さな画像では、Web ビーコンが埋め込まれているかどうか視認することは不可能です。
Web ビーコンを仕込むことによって、自分の投稿に対してレスを付けた人の IP アドレスを確認することができるようになります。中には、悪意をもって、レスを付けた IP に対してバーチャル攻撃をかける人もいるようです。

プロキシでWebビーコンを避けられるか

プロキシサーバを使ってWeb ビーコンを回避することは可能です。
しかし、以前述べたように、安易なプロキシサーバの利用は、かえってあなたの PC を危険にさらすことになります。有効な対策としては、自分がいま利用している IP アドレスが公開されてしまったという前提で、自宅ネットがインターネットに接続している部分(たいていはブロードバンドルータ)のセキュリティを必要十分に高めておく必要があります。
また、パーソナルファイアウォール製品(Norton 360など)のフィルタリング機能を使うことで、特定のサイトにリンクされている画像などを表示させないようにすることができます。この機能を使えば、Web ビーコンに捉えられることはありません。

参考サイト

(この項おわり)
header