熊野本宮大社と3人の巫女さんキャラ

2014年12月12日 撮影
熊野本宮大社
大きな写真大きな写真
(2560×827 ピクセル, 1396 Kbyte)
大鳥居 - 熊野本宮大社
熊野本宮大社(和歌山県田辺市本宮町本宮 1110)は、熊野速玉大社、熊野那智大社と並ぶ熊野三山のひとつで、全国に 3,000社以上ある熊野神社の総本宮だ。

写真の大鳥居は 2000 年(平成 12 年)5 月に大斎原 (おおゆのはら) 建てられたもので、高さ 34 メートル、幅 42 メートルと、日本一高い鳥居となっている。
鳥居 - 熊野本宮大社
参道入口にある鳥居。

熊野本宮大社は、元々は熊野川・音無川・岩田川の合流点にある大斎原にあったが、1889 年(明治 22 年)8 月の大洪水に飲み込まれたため、現在の位置に遷座した。
鳥居 - 熊野本宮大社の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 2282 Kbyte)
参道 - 熊野本宮大社
参道は、薄暗い杉並木の石段が続く。
神門 - 熊野本宮大社
石段を登り切ると、神門が見える。
本殿 - 熊野本宮大社
本殿は第一殿~第四殿からなり、国の重要文化財に指定されている。
本殿 - 熊野本宮大社の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 2158 Kbyte)
本殿 - 熊野本宮大社
熊野本宮大社の創建時期は不明だが、紀元前に遡るともされている。
本殿 - 熊野本宮大社の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 2162 Kbyte)
世界遺産 熊野本宮館 - 熊野本宮大社
世界遺産 熊野本宮館は、熊野本宮大社の前にある、観光と世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」案内の拠点だ。
世界遺産 熊野本宮館 - 熊野本宮大社
世界遺産 熊野本宮館の駐車場には、電気自動車のための重線施設がある。
本宮てるて - 熊野本宮大社
熊野交通は 2014 年(平成 26 年)12 月、世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」を構成する熊野三山に観光客を誘致しようと、巫女をイメージした3人の萌えキャラを用意した。名前は公募で決めた。

熊野本宮大社は 本宮てるて――本宮地域の逸話にでてくる小栗判官の妻「照手姫[ (てるてひめ) 」から命名した。
那智霧乃 - 熊野本宮大社
熊野那智大社は 那智霧乃――那智山、那智の滝にかかる清らかな霧をイメージし命名した。
速玉ナギ - 熊野本宮大社
熊野速玉大社は 速玉ナギ――熊野速玉大社のご神木で、良縁結びの信仰が厚い「なぎの木」から命名した。
熊野本宮大社 関連

交通アクセス

【鉄道+バス】
  • JR 新宮駅よりバスで約 1 時間。
【航空機+バス】
  • 南紀白浜空港よりバスで約 1 時間40 分。

近隣の情報

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header