バスタ新宿は1日約1200本の高速バスが発着

2016年8月12日 撮影
バスタ新宿
大きな写真大きな写真
(2560×904ピクセル, 862 Kbyte)
バスタ新宿
バスタ新宿(新宿高速バスターミナル;東京都渋谷区千駄ヶ谷五丁目24番55号)は、新宿駅新南口にある高速バスターミナルやタクシー乗降場などを集約した交通ターミナルである。2016年(平成28年)4月4日に営業開始した。
1日あたり約1200本の高速バスが発着しており、平均2万人が利用している。

2000年(平成12年)2月、老朽化した新宿跨線橋(国道20号線)の架け替え工事がスタートした。
バスタ新宿の大きな写真大きな写真
(1387×1920ピクセル, 1007 Kbyte)
このとき、跨線橋の拡幅改築に必要な作業スペースを確保するため、線路上に約1.47ヘクタールの人工地盤が建設された。これを基盤にして、10箇所に分散していたバス停留所などを集約した交通結節点の建設が行われることになった。

2006年(平成18年)4月、交通結節点が起工された。
2014年(平成26年)12月、交通結節点の運営会社である新宿高速バスターミナル株式会社が設立された。
国土交通省が愛称を募集し、バス・タクシーの乗降場を中心とした立地特性をとらえており、交通の複合ターミナルであることをイメージできることから、新宿バスタに決まった。

2~4階部分が交通ターミナルになっている。3階、4階には、新宿駅周辺に点在していた高速バスや空港リムジンバスの停留所が集約された。かつて、西口バスターミナルから夜行バスを利用していた身としては、昭和がまたひとつ無くなったようで、時代の流れを感じさせる。

新宿バスタは、2016年(平成28年)3月に開業した複合市街施設・JR新宿ミライナタワー(地上32階、地下2階)に接続している。

交通アクセス

行き方ナビ
出発地の最寄駅:

目的地:新宿バスタ

近隣の情報

参考サイト

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header