小坂鉄道レールパークではブルートレインに宿泊できる

2016年8月19日 撮影
旧小阪駅 - 小坂鉄道レールパーク
小坂鉄道レールパーク(秋田県鹿角郡小坂町小坂鉱山字古川 20−9)は、2009 年(平成 21 年)に廃止された小坂鉄道(小坂製錬小坂線)の線路や設備を利活用し、2014 年(平成 26 年)6 月 1 日にオープンしたテーマパークである。
旧小阪駅 - 小坂鉄道レールパークの大きな写真大きな写真
(2560×1671 ピクセル, 1630 Kbyte)
旧小阪駅 - 小坂鉄道レールパーク
かつての駅舎が、そのまま入場券販売所となっている。
硬券の入場券を購入すると、きちんと切符を切ってくれる。
旧小阪駅 - 小坂鉄道レールパーク
ディーゼル機関車、ラッセル車は展示するだけではなく実際に運転体験ができる。ディーゼル機関車を運転できるのは、日本国内の常設展示施設としては小坂鉄道レールパークだけである。
DD131形ディーゼル機関車 - 小坂鉄道レールパーク
DD131 形ディーゼル機関車は、鉱山鉄道としての輸送力の増強を目的として、1967 年(昭和 42 年)11 月、同和鉱業株式会社の発注により新造されたものである。
DD131形ディーゼル機関車 - 小坂鉄道レールパークの大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 1986 Kbyte)
DD131形ディーゼル機関車 - 小坂鉄道レールパーク
国鉄DD13 形式とほぼ同型だが、DD13 が入換え運転用に運転台が横向き 1 カ所であるのに対して、小坂鉄道の DD130 形式は本線で運転されるため正面向きの運転台が前後に設けられている。また、硫酸を積んだタンク車など多くの貨車を引き急勾配を上る必要があることから重連総括制御機能を備えている。
DD131形ディーゼル機関車 - 小坂鉄道レールパーク
DD131 形は、ディーゼル機関車運転体験の主役として活躍している。
ディーゼル機関車を運転できるのは、日本国内の常設展示施設としては小坂鉄道レールパークのみである。
ブルートレイン「あけぼの」 - 小坂鉄道レールパーク
大きな写真大きな写真
(600×273 ピクセル, 115 Kbyte)
ブルートレイン「あけぼの」 - 小坂鉄道レールパーク
2015 年(平成 27 年)10 月、ブルートレイン「あけぼの」の車内を常時一般公開し、B 寝台個室は定員 1 名の簡易宿泊サービスを開始した。2016 年(平成 28 年)4 月 22 日からは、A 寝台個室は定員 2 名の宿泊サービスも開始された。開放式 B 寝台車は休憩スペースに。
ブルートレイン「あけぼの」 - 小坂鉄道レールパーク
B 寝台個室は、ベッド 1 床のみのスペースでで、全部で 28 室ある。上段と下段が交互に配置されている。写真は下段(1階)。
ブルートレイン「あけぼの」 - 小坂鉄道レールパーク
こちらは上段(2階)。
11号蒸気機関車 - 小坂鉄道レールパーク
11 号蒸気機関車は、軌間762 ㎜の狭軌用として、1926 年(大正 15 年)4 月に小坂鉄道に導入された。釜汽車とも呼ばれ、小坂線に最後まで残った蒸気機関車である。1962 年(昭和 37 年)の小坂線軌間拡幅まで 36 年間にわたり、旅客や貨物の輸送に従事してきた。
1999 年(平成 11 年)3 月、小坂鉱山発展に貢献した小坂鉄道の歴史を伝える貴重な資料として秋田県有形文化財に指定された。
ハ1貴賓客車 - 小坂鉄道レールパーク
ハ 1貴賓客車は、1916 年(大正 5 年)にニ・三等客車として造られたものを改造し、貴賓客車として使用された。1921 年(大正 10 年)8 月 4 日、秩父宮、高松宮両殿下が小坂鉱山をご見学になった際には、この客車が使用された。1999 年(平成 11 年)3 月、秋田県有形文化財に指定された。
TMC200形モーターカー - 小坂鉄道レールパーク
TMC200 形モーターカーは、全国の保線区で活躍した国鉄のモーターカーである。
1981 年(昭和 56 年)9 月にフジ周航が製造して国鉄に導入したもので、2007 年(平成 19 年)に小阪鉄道に転入し、主に除雪作業に使われた。
TMC200形モーターカー - 小坂鉄道レールパークの大きな写真大きな写真
(2560×1491 ピクセル, 1606 Kbyte)
R105形モーターカー - 小坂鉄道レールパーク
R105 形は、1962 年(昭和 37 年)6 月に富士重工で製造され、小坂鉄道で作業員や資材を運ぶなど保線作業に活躍した小型のモーターカーである。
小坂町立総合博物館郷土館に静態展示されていたものを、2013 年(平成 25 年)6 月に復活運転させ、イベント等で使用している。
エボルタ電池電車 - 小坂鉄道レールパーク
2014 年(平成 26 年)11 月 2 日、パナソニックが「エボルタチャレンジ 2014 廃線1 日復活チャレンジ」を開催した。このとき使われた、エボルタ乾電池だけで動くエボルタ電池電車が展示されている。
エボルタ電池電車 - 小坂鉄道レールパーク
車輌の大きさは幅 160×長さ 410×高さ 220cm で、定員の 10 人が乗車した際の総重量は約 1 トンにもなる。単 1 形のエボルタ乾電池 99 本を使い、約 50 ボルトの電圧を生みだし、最高時速は 12km となっている。
レールバイク - 小坂鉄道レールパーク
廃線となった線路の上を、自転車駆動の軌道自転車(レールバイク)で走行することができる。

大館・小坂鉄道レールバイクでは、往復 4 キロをレールバイクで走行することができる。
レールバイク - 小坂鉄道レールパーク
構内には、手軽に楽しめる手漕ぎ式の 1 人乗りレールバイクがある。

小坂鉱山事務所

小坂鉱山事務所
1905 年(明治 38 年)に建設された小坂鉱山事務所(秋田県鹿角郡小坂町小坂鉱山字古館48-2)は、東洋一の銅山と言わしめた小坂鉱山の全盛時代を伝えるルネサンス様式の建造物である。
小坂鉱山事務所の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 2013 Kbyte)
1997 年(平成 9 年)まで事務所として使われてきた。2002 年(平成 14 年)、国の重要文化財に指定された。

小坂鉱山は、1816 年(文化 13 年)に金、銀の鉱山として開発が始まったとされている。1869 年(明治 2 年)、南部藩直営から官営となり、1884 年(明治 17 年)には藤田組に払い下げられた。
1892 年(明治 25 年)頃から、それまでの土鉱の埋蔵量が枯渇しはじめたことなどから、地下深くにある黒鉱から採れる銅や亜鉛、鉛の生産が主体となった。
黒鉱の製錬技術を得た小坂鉱山は、事業を飛躍的に拡大する。明治の開業当初は蒸気機関車による牽引だった小坂鉄道は、1927 年(昭和 2 年)には鉱山発電所の余剰電力で小坂駅から茂内駅までが電化、1949 年(昭和 24 年)には小雪沢間まで電化区間を延伸た。
ちなみに、藤田組の創始者・藤田伝三郎の甥の久原房之助は、黒鉱の製錬技術を確立し、日立鉱山の経営に取り組み、久原鉱業(後の日本鉱業、現在の JX ホールディングス)を設立した。これが、現在の日産自動車、日立製作所へと繋がっている。

交通アクセス

【バス】
  • JR盛岡駅前から高速バス「あすなろ号」青森行きで、小坂高校前(約 90 分)
  • JR花輪線「十和田南」駅から秋北バス「小坂」行で「小坂小学校前」バス停下車、徒歩約 2 分
  • JR 奥羽本線「大館」駅から秋北バス「小坂」行で「小坂小学校前」バス停下車、徒歩約 2 分
【自動車】
  • 東北自動車道「小坂 IC」から車で約 3 分

参考サイト

近隣の情報

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header