羽咋市はUFOのまち

2018年8月12日 撮影
羽咋駅
羽咋 (はくい) 駅(石川県羽咋市川原町18)は、七尾線(JR西日本)の駅で、UFO のまち・羽咋市にある。

駅にある看板は、宇宙科学博物館コスモアイル羽咋のキャラクラー、宇宙人サンダーくんである。地球観光を楽しんでいたところ、運悪く宇宙船が故障して墜落してしまった宇宙人という設定で、宇宙船を修理するための費用をコスモアイル羽咋でアルバイトして稼いでいるという。
コスモアイル羽咋には、来場者が書いた「UFO目撃レポート」が公開されている。羽咋では相当な UFO目撃情報があるようだ。
羽咋駅の大きな写真大きな写真
(1280×1920 ピクセル, 913 Kbyte)
羽咋駅
江戸時代、能登半島にある眉丈山の中腹に、毎夜、円盤状の形をした物体が飛んでいるのが目撃された。円盤は発光しながら山を東から西へ飛行していた。円盤はシンバルのような形をした仏具そうはちぼんに似ていたため、地元では「そうはちぼん伝説」として伝わったという。
羽咋駅
植木鉢サイズのポット砂像は羽咋の名物だ。

花嫁のれん砂像――ひゃくまんさんと宇宙人サンダーくんと、あとは何だろう?
羽咋の千里浜海岸の砂浜は、日本で唯一、ドライブができる海岸である。夏になると大型砂像が出迎えてくれる。

交通アクセス

行き方ナビ
出発地の最寄駅:

目的地:羽咋駅
羽咋市 関連

近隣の情報

参考サイト

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header