阪堺電車は地上最強

2018年9月7日 撮影
大和川検車区 - 阪堺電気軌道阪堺線
大和川検車区(我孫子道車庫)
阪堺電車 (はんかいでんしゃ) 大和川 (やまとがわ) 検車区(大阪府大阪市住吉区清水丘 3 丁目)は、阪堺電気軌道が所有するすべての車両が配属している。
大和川検車区 - 阪堺電気軌道阪堺線の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 2390 Kbyte)
大和川の堤防の下にあることからこの名が付いているが、我孫子道 (あびこみち) 停留場に隣接していることから、我孫子道車庫と呼ばれることもある。北側に阪堺電気軌道本社がある。
1955 年(昭和 30 年)頃までは 100 両以上を収容していたが、現在は半分以下となっている。

阪堺電車は、1897 年(明治 30 年)5 月の阪馬車鉄道株式会社を起源とする。1898 年(明治 31 年)3 月、起工式が行われ、1990 年(平成 2 年)9 月 20 日、天王寺西門前から東天下茶屋間の 1.7km が開業した。
1907 年(明治 40 年)、電化の認可が下り、社名を浪速電車軌道株式会社に変更した。電化工事を進めるなか、1909 年(明治 42 年)12 月、南海鉄道と合併した。1910 年(明治 43 年)10 月 1 日、天王寺西門前~住吉神社前間の電化運転を開始した。

一方、1910 年(明治 43 年)3 月、阪堺電気軌道株式会社が設立された。1912 年(明治 45 年)4 月、現在の阪堺線が完成する。競合する南海鉄道とはげしい旅客誘致競争を行った結果、1915 年(大正 4 年)6 月、両社は合併し、南海鉄道阪堺線となった。

戦時中、南海鉄道と関西急行鉄道は合併し、近畿日本鉄道が発足する。戦後の 1947 年(昭和 22 年)3 月、高野山電気鉄道株式会社が南海電気鉄道株式会社に社名変更する。
1980 年(昭和 55 年)7 月、あらたに阪堺電気軌道株式会社が設立され、南海電鉄から上町線と阪堺線の軌道事業を譲渡され、今日に至る。

2018 年(平成 30 年)6 月 18 日の大阪府北部地震の際、地震発生から約 10 分で運転を再開したことから、地上最強と呼ばれる。路線距離が短く、安全確認作業が早くできたためという。

交通アクセス

行き方ナビ
出発地の最寄駅:

目的地:大和川検車区

近隣の情報

参考サイト

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header