山陽新幹線 100系は2代目新幹線

1985年10月にデビュー
山陽新幹線「こだま」100系
2006年7月24日 広島駅 写真:パパぱふぅ
新幹線100 系電車は、1985 年(昭和 60 年)10 月にデビューした東海道・山陽新幹線の二世代目の車両である。
東海道区間では、2003 年(平成 15 年)9 月 16 日、「ひかり 309 号」として運行されたのを最後に引退したが、山陽区間では走り続け、2012 年(平成 24 年)3 月 17 日に引退した。
山陽新幹線「こだま」100系
2008年7月27日 新山口駅 写真:こぱふぅ
車体は、0 系で問題となった騒音の低減を図るために、徐々に断面積を大きくしてゆく「流線型」とした。また、新幹線として初めて 2階建車両が導入された。
車体は、0 系と同じ鋼性であるが、編成重量は 0 系の 967 トンより軽く、850 トン前後である(編成によって若干異なる)。
このおかげで、編成出力が 1 万 1 千 kW と 0 系よりやや小さいものの、起動加速度は 0 系より大きくなった。しかしながら、営業最高速度は 0 系と同じ時速220 キロである。

100 系は 2012 年(平成 24 年)3 月 17 日のダイヤ改正を機に引退することになっている。
引退後は、JR西日本が京都市下京区の梅小路公園の一角に 2014~15 年度のオープンを目指して計画を進めている「鉄道博物館」などに、2階建て車両の保存を検討している。

2010 年(平成 22 年)7 月現在、18編成が新大阪―博多間の「こだま」として運行している。このうち 3編成だけを初期の東海道色に塗り直す。
山陽新幹線「こだま」100系
2008年7月27日 新山口駅 写真:パパぱふぅ
車内は、登場当時からはだいぶ様変わりした。
指定席は「2&2 シート」で、東海道新幹線のグリーン車と同じ広さだ。
ただし、ドアの位置は 5 列シートの当時のままなので、通路から微妙にずれているのが分かる。
100系 関連
(この項おわり)
header