山陽新幹線 500系は 300km/h達成

多くの人の記憶に残る新幹線車両
山陽新幹線こだま 500系
2016年3月17日 博多駅 写真:こぱふぅ
大きな写真大きな写真
(2560×1235 ピクセル, 1660 Kbyte)
山陽新幹線こだま 500系
2011年8月25日 広島駅 写真:こぱふぅ
東海道・山陽新幹線500系
2006年7月24日 広島駅 写真:こぱふぅ
500 系新幹線は、1997 年(平成 9 年)3 月にデビューした世界最高速度の営業運転を可能とした新幹線車両である。山陽新幹線区間での営業最高速度は時速300 キロで、最高速度に達すると車内の電光掲示板に「ただいま 300km/h で走行中」の表示が流れる。

航空機のような車体は、ドイツのアレクサンダー・ノイマイスター氏によってデザインされた。
東海道・山陽新幹線500系
2006年7月24日 広島駅 写真:ままぱふぅ
連続定格出力は 285kW で、16 両編成で 18,240kW(約 2 万 5 千馬力)に達する。0 系の 11,840kW、700 系の 13,200kW に比べて、いかに大きな数字かが分かる。このおかげで、発車から 4 分程度で 300 キロに達する圧倒的な加速力を備えている。
山陽新幹線こだま 500系
2011年8月25日 広島駅 写真:こぱふぅ
また、車体に働く左右方向の振動加速度を抑えるセミアクティブサスペンション機能や、高速走行中のトンネル突入時に発生する微気圧波による環境問題を軽減するためのロングノーズ(車両長の 27 メートルの半分以上を占める 15 メートル)や、騒音低減のための T 字型をした翼型パンタグラフを備えるなど、日本の鉄道技術の粋を結集した新幹線車両である。
500 系の開発に携わった元 JR西社員の仲津英治さんは野鳥の会の会員でもあり、空中から水中へ高速で飛び込んでエサを捕るカワセミに目を付けた。そして、その細長いくちばしの形状が水中に入る際の抵抗を減らすことを実験で証明した。500 系のロングノーズは、こうして誕生した。

500 系の編成定員は 1,324 人と、300 系700 系より 1 人多い。これは、シートピッチを 20mm 小さくするなど工夫した結果だが、内装を工夫することなどで居住性もさほど変わらないレベルになっている。
東海道新幹線「のぞみ」として走行したのは約 13 年間と、歴代車両の中で最短となってしまったが、その後も海外から取材が来るなど、記憶に残る車両となった。

一方で、車両コストは 1編成あたり 50 億円と、700 系の 37 億円を大きく上回る。また、ロングノーズのために先頭車両の座席配置が 700 系と異なるため、700 系や 300 系による代替運行ができない(このことから逆に、この日は、東京まで 500 系に乗車するのを目的に指定席予約を入れた)。
このため、JR 東海に嫌われているらしく、次世代新幹線N700 系の投入と同時に、東海道新幹線区間からは姿を消すことになっていたが、2010 年(平成 22 年)春に延期された。
2009 年(平成 21 年)9 月現在、9編成製造されたうちの 5編成が山陽区間を「こだま」として運行している。1編成は半分の 8 両になった。
JR西日本は、山陽区間の「500 系こだま」の車両内に子ども向けの模擬運転台を設置するなどしており、子どもを中心に根強い人気があるという。300 キロの最高速度を活かせなくなったのは残念である。

500 系 のぞみは、2010 年(平成 22 年)2 月 28 日に最後の走りを見せる。
鉄道ファンによるホームの混雑に加え、「撮り鉄」が線路に撮影機材を持ち込んだ事件を受け、JR 各社は警備体制を強化するという。
鉄道写真はマナーを守って撮りましょう。

新幹線:エヴァンゲリオン プロジェクト

500 TYPE EVA - 東海道・山陽新幹線500系
2016年3月17日 博多駅 写真:こぱふぅ
JR西日本は、2015 年(平成 27 年)11 月から 2017 年(平成 29 年)3 月まで、「500 TYPE EVA」を運転している。500 系新幹線をエヴァンゲリオン初号機をイメージしたカラーリングでデザインするもの。
500 TYPE EVA - 東海道・山陽新幹線500系の大きな写真大きな写真
(1920×1080 ピクセル, 798 Kbyte)
500 TYPE EVA - 東海道・山陽新幹線500系
2016年3月17日 博多駅 写真:こぱふぅ
500 TYPE EVA のベースは 500 系新幹線で、500 系は夢の超特急らしい直球なかっこよさが詰まった、いちばん好きな新幹線車両」という庵野秀明さんが監修し、メカニックデザイナーの山下いくとさんがデザインした。
500 TYPE EVA - 東海道・山陽新幹線500系の大きな写真大きな写真
(2560×1440 ピクセル, 2031 Kbyte)
500 TYPE EVA - 東海道・山陽新幹線500系
2016年3月17日 博多駅 写真:こぱふぅ
8 両のうち 2 両をスペシャルデザインに。1 号車は専用の「展示・体験ルーム」としてジオラマなどを展示するほか、実物大コクピットを体験できるコーナーを設ける。
500 TYPE EVA - 東海道・山陽新幹線500系の大きな写真大きな写真
(2560×1505 ピクセル, 1637 Kbyte)
500 TYPE EVA - 東海道・山陽新幹線500系
2016年3月17日 博多駅 写真:こぱふぅ
2 号車は「特別内装車」とし、専用デザインを施した自由席として利用できる。
500 TYPE EVA - 東海道・山陽新幹線500系
2016年3月17日 博多駅 写真:こぱふぅ
JR西日本は、500 TYPE EVA の運行を 2018 年(平成 30 年)春まで延長することを決めた。
2016 年(平成 28 年)10 月 17 日からは、渚カヲルが車内放送を務める。「足もとに注意して」「車内の美化にご協力を」と穏やかな声で呼びかける。
2018 年(平成 30 年)5 月 13 日、500 TYPE EVA が運行終了した。最終運行の始発となる新大阪駅のホームには、鉄道ファンら約 1,200 人が集まった。
2018 年(平成 30 年)夏には、ハローキティをあしらった「ハローキティ新幹線」が登場する予定だ。

参考サイト

500系新幹線 関連
(この項おわり)
header