東海道新幹線 700系はカモノハシ

コスト低減を目指した第4世代新幹線車両
東海道新幹線 700系
2014年8月15日 西明石駅 写真:こぱふぅ
大きな写真大きな写真
(2560×864 ピクセル, 1766 Kbyte)
東海道新幹線 700系
2003年7月26日 東京駅 写真:パパぱふぅ
新幹線700 系電車は、試験車両300X500 系のノウハウを取り入れ、東海道・山陽新幹線の第4 世代として 1999 年(平成 11 年)にデビューした。

最高速度は時速285 キロ(姫路駅より東は 270 キロ)で、500 系の 300 キロには及ばないが、製造・保守コストが安価である(製造コストは 1編成あたり、700 系は約 36 億 4000 万円、500 系は約 50 億円)。
700系と300系
2006年7月24日 東京駅 写真:パパぱふぅ
先頭車両は、500 系より短い長さで騒音を軽減すべく、エアロストリームという「カモノハシ」のような形状となった。車内は、300 系・ 500 系にあったサービスコーナーは廃止され、代わりに飲料の自動販売機が設置された。
東海道新幹線 700系
2003年11月3日 品川駅 写真:パパぱふぅ
10 月 1 日に東海道新幹線品川駅が開業した。その 1 ヶ月後に品川駅を訪れた際に撮影した 1 コマ。
東海道新幹線 700系
2010年6月6日 石橋,神奈川県小田原市) 写真:こぱふぅ
0 系に比べると静かだが、500 系より乗り心地が悪い。これは、車体軽量化のため、座席のスププリングをウレタンに置き換えたためのようだ。次世代新幹線ではスプリングを復活させるという。当初はのぞみとして運用されていたが、編成数の増加に伴いひかりとして走ることも多くなった。
東海道新幹線 700系
2000年12月10日 東京駅 写真:パパぱふぅ
2020 年(令和 2 年)3 月 8 日に運転される最終臨時列車「ありがとう東海道新幹線700 系『のぞみ 315 号』」をもって、東海道新幹での営業運転を終了する。
700系新幹線 関連
(この項おわり)
header