伊予鉄道 モハ2100形は日本初の単車超低床式軌道電車

2002年3月にデビュー
伊予鉄道 モハ2100形
2007年8月1日 松山市内 写真:こぱふぅ
モハ 2100 形電車は、伊予鉄道の軌道線用電車(路面電車)である。

写真の2101 形は、2002 年(平成 14 年)3 月にデビューした初期型車両である。アルナ車両が製造した。デビュー当時は、日本初の単車超低床式軌道電車であった。
伊予鉄道 モハ2100形の大きな写真大きな写真
(1200×1600 ピクセル, 318 Kbyte)
伊予鉄道 モハ2100形
2007年8月1日 松山市内 写真:こぱふぅ
写真の2110 形は、2007 年(平成 19 年)にデビューした最新車両である。アルナ車両が製造した。
伊予鉄道 モハ2100形
2007年8月1日 松山市内 写真:こぱふぅ
交通バリアフリー法に基づく超低床車両で、伊予鉄道では初めての VVVF インバーター制御車両となった。加減速性能に優れ、50km/h を越す速度で運転を行うこともある。
50 形の定員 80 人に比べ、2100 形は 47 人と少ないのが難点である。
伊予鉄道 モハ2100形
2011年8月24日 松山市内 写真:こぱふぅ
松山市の軌道線は、1910 年(明治 43 年)に設立した松山電気軌道が母体で、1921 年(大正 10 年)4 月に伊予鉄道に合併された。
伊予鉄道 モハ2100形
2011年8月24日 松山市内 写真:こぱふぅ
現在、松山市駅を拠点に、松山城を囲む形で運行されている環状線(東回りと西回り)、道後温泉と松山市駅前、JR 松山駅前、本町六丁目を結ぶ系統が運行されている。

伊予鉄道 モハ2100形
2011年8月24日 松山市内 写真:こぱふぅ
伊予鉄道 モハ2100形
2011年8月24日 松山市内 写真:こぱふぅ
伊予鉄道 モハ2100形
2011年8月24日 松山市内 写真:こぱふぅ
伊予鉄道 関連
(この項おわり)
header