伊予鉄道 モハ50形は車齢半世紀超え

1951年から1965年にかけて製造
伊予鉄道 モハ50形
2007年7月31日 松山市内 写真:ままぱふぅ
モハ 50 形電車は、伊予鉄道の軌道線用電車(路面電車)である。

写真の58 形は、1954 年(昭和 29 年)にデビューした初期型車両である。ナニワ工機(現・アルナ車両)が製造した。
集電装置は、53 形とは異なり、最初からビューゲルが装備されており、現在はシングルアーム型パンタグラフになった。
伊予鉄道 モハ50形
2007年8月1日 松山市内 写真:ままぱふぅ
最新のモハ 2100 形とのツーショット。
写真の69 形は、1962 年(昭和 37 年)にナニワ工機で製造された最後の車両である。
伊予鉄道 モハ50形の大きな写真大きな写真
(1600×1200 ピクセル, 442 Kbyte)
伊予鉄道 モハ50形
2007年8月1日 松山市内 写真:こぱふぅ
松山市の軌道線は、1910 年(明治 43 年)に設立した松山電気軌道が母体で、1921 年(大正 10 年)4 月に伊予鉄道に合併された。
現在、松山市駅を拠点に、松山城を囲む形で運行されている環状線(東回りと西回り)、道後温泉と松山市駅前、JR 松山駅前、本町六丁目を結ぶ系統が運行されている。
伊予鉄道 モハ50形
2007年7月31日 松山市内 写真:ままぱふぅ
写真の72 形は、1964 年(昭和 39 年)にデビューした最後期型車両である。帝國車輛(現・東急車輛)が製造した。
伊予鉄道 モハ50形
2011年8月24日 松山市内 写真:こぱふぅ
伊予鉄道 モハ50形
2011年8月24日 松山市内 写真:こぱふぅ
1970 年(昭和 45 年)から 1972 年にかけてワンマン化が行われ、1981 年(昭和 56 年)から 1984 年にかけて冷房か改造が行われた。
伊予鉄道 モハ50形
2018年12月29日 道後温泉 写真:こぱふぅ
写真の 72 号車は、1964 年(昭和 39 年)の製造。オレンジ単色で塗り直された。
伊予鉄道 モハ50形の大きな写真大きな写真
(1920×1407 ピクセル, 1218 Kbyte)
伊予鉄道 関連
(この項おわり)
header