smartbook

スマートブック

意味

NTT DoCoMo SH-10B
スマートブック

ネットブックとスマートフォンの中間に位置付けられる携帯情報機器。
2009 年(平成 21 年)6 月に展示会 COMPUTEX で数社が発表しており、2010 年(平成 22 年)には携帯電話事業者から製品が登場した。
多くは 5 型前後の横長液晶とキーボードを搭載しており、ネットブックを小型にしたような外観になる。3G通信や無線LAN、Bluetooth、GPS など、インターネット端末としての機能が充実している。ネットブックが、主に米インテルの Atom プロセッサーと米マイクロソフトの Windows を採用しているのに対して、多くのスマートブックは、ARM や MIPS 系のプロセッサーと、Android などの Linux 系 OS を採用している。ハードディスクは内蔵しない。

国内では、シャープのNetWalker、au の IS01、NTT ドコモの LYNX SH-10B などがスマートブックに該当する。
(この項おわり)
header