war footing

戦時体制

意味

war footing = 戦時体制
戦時体制。

戦争遂行のために統制された国内体制をいう。近代戦は K.クラウゼウィッツによって示されたように総力戦の性格をもつためその統制は政治,経済,産業,社会など国内体制全般に浸透する。第1 次,第2 次世界大戦の主要参戦国に顕著にみられた。

例文

The decision to place the country on a war footing was taken following a meeting of North Korea's Central Military Commission, chaired by Kim John-un.
金正恩氏が委員長を務める北朝鮮の中央軍事委員会の会合の結果、国を戦時体制に置く決定がされた。

参考サイト

(この項おわり)
header