紀元前1286年 - カデシュの戦い

世界最古の国際条約締結
ラムセス2世
アブシンベル神殿のラムセス 2 世像(若いとき)
紀元前 1286 年頃、シリア・パレスチナの領有権をめぐり、エジプト新王国のラメセス 2 世と、ヒッタイト王ムワタリ 2 世が、シリア西部にあるオロンテス川近くの交易の要衝カデシュで衝突した。
一時はヒッタイト軍が優勢であったが、ラメセス 2 世の活躍によってエジプト軍が態勢を立て直し、戦いは引き分けに終わった。

紀元前 1269 年頃に、エジプトとヒッタイト両国の間で締結された平和同盟条約は、現在知られている世界で最古の国際条約といわれている。
古代エジプトは、ヒクソスによる異民族支配から抜け出しエジプト新王国となり、トトメス 3 世の時代に領土を大幅に拡大した。アメンホテプ 4 世のアマルナ時代には一時後退したが、ラメセス 2 世の治世で大きく盛り返した。古代エジプトの帝国主義時代である。
一方のヒッタイトは、鉄製武器を用いて急速に台頭してきた軍事国家である。
エジプト新王国は早くからシリアに進出していたが、小アジアを本拠としたヒッタイト王国が急速に勢力を拡大したことによって、シリア・パレスチナの領有権をめぐり、両国が衝突することになった。

エジプトとヒッタイトの戦いは長引き、紀元前 1269 年頃に両国の間で平和同盟条約が締結され、ラムセス 2 世はヒッタイト王女を王妃に迎えた。これは世界史上で最初の平和条約とされている。
その後、ラムセス 2 世はアブ・シンベル神殿を造営し、カデシュの戦いを勝利の詩として刻ませた。
ラムセス 2 世のミイラは 1881 年に発見され、現在はカイロのエジプト考古学博物館に収められている。身長は 173cm と、当時のエジプト人の平均身長より 10cm も高かった。

ラムセス 2 世を『出エジプト記』に登場するユダヤ人を奴隷から解放するようにモーセが要求したファラオであるとする説がある。1956 年に公開されたアメリカの映画『十戒』では、ユル・ブリンナーがラムセス 2 世を演じた。

この時代の世界

-1525 -1375 -1225 -1075 -925 -1286 カデシュの戦い -1314 -1224 ラムセス2世 -1300 -1272 ムワタリ2世 -1350 -1250 モーセ -1470 -1425 トトメス3世 -1362 -1333 アメンホテプ4世 -1040 -961 ダビデ -971 ソロモン王の即位 -1011 -931 ソロモン Tooltip
モーセの生没年には諸説あり、ここではラムセス 2 世と同時代人だという仮説を年表に掲げている。
(この項おわり)
header