「eBoostr」でWindows XPを高速化

2010年11月 購入
Windows用高速化ユーティリティ「eBoostr 4 Professional」を購入した。
WindowsVista には USB メモリを使ってアプリケーションを高速化するレディブーストという機能があるが、WindowsXP や 2000 にも同等の機能を提供するユーティリティである。
種別 高速化ユーティリティ
価格 3,990円(ダウンロード版)
動作環境 Windows 7(32bit) / Windows Vista(32bit) / Windows XP / Windows 2000 Professional
公式サイト http://www.eboostr.jp/
コントロール画面 - eBoostr
実際に Let's note CF-Y7D(WindowsXP ・ SP3)にインストールした。

eBoostr は 32 ビット版Windows が認識できない 3G バイト超のメインメモリをキャッシュに設定することもできるのだが、あいにくこの PC には 2G バイトしか積んでいないので、CF ドライブの中の 4G バイトをキャッシュに設定した。
キャッシュに割り当てるメモリは速ければ速いほどよい。
スピード測定 - eBoostr
実際に PhotoshopElements(バージョン 4)の起動時間を測定してみると、
キャッシュ OFF 時35秒
キャッシュ ON 時 1 回目23秒
  同  2 回目10秒
と、2 回目のアプリケーション起動でキャッシュが効いているのがわかる。
PhotoshopElements のような起動に時間がかかるアプリの場合は有効だ。
(この項おわり)
header