Windows 10 が April 2018 Update に

2018年5月 導入
Windows 10 Pro April 2018 Update
大きな写真大きな写真
(1920×1080 ピクセル, 1271 Kbyte)
Windows 10 のメジャーアップデートである April 2018 Update(バージョン 1803)が、2018 年(平成 30 年)4 月 30 日から配信開始。手元の PC は 5 月 25 日にアップデートされた。ダウンロード後、更新に要する時間は 1 時間弱であった。

開発段階では「Redstone 4(RS4)」と呼ばれていたが、リリース直前にバグが見つかるなどして、4 月中のリリースが危ぶまれていた。なんとか月末に配信開始はしたものの、Intel製SSD を搭載したデバイスがクラッシュしたり(5 月 23 日解決)、Dell製Alienware シリーズにインストールできないなど、問題は残っている。

October 2018 Update (Redstone 5)

2018 年(平成 30 年)10 月 2 日(現地時間)、October 2018 Update(バージョン 1809)の提供が始まった。前回同様、AI を使ったローリングアウト方式を採用し、全対象ユーザーに行き渡るには数日かかる見込み。

April 2018 Update (Redstone 4)

Windows 10 Pro April 2018 Update
Fall Creators Update で搭載予定だったタイムラインが実装された。過去にさかのぼり、使ったファイルやウェブサイトを見る事ができる履歴機能である。
Windows 10 Pro April 2018 Update
Windows スタートボタンの右にあるフィルムのようなアイコンをクリックする。
すると、デスクトップが左図のように変化し、右側のスライドバーを使って、現在から過去へと自在に遡ることができる。
Windows 10 Pro April 2018 Update
タイムライン機能は、Microsoft アカウントで結びつけられた Office 365 や Edge ブラウザの履歴であれば、Android や iOS 上で作業していた履歴も、クラウド経由で遡ることができる。つまり、Microsoft アカウントが共通であれば、デバイスをまたいで作業を引き継ぐことができる。
作業のためのデバイスを選ばないという利便性がある半面、作業中のファイルが外部に漏れるリスクをはらんでいる。リスクを選びたくなければ、「設定→プライバシー→アクティビティの履歴」を選び、「Windows でこの PC からアクティビティを収集する」を OFF にすればいい。
Windows 10 Pro April 2018 Update
2019 年 5 月の改元に先駆け、レジストリ [HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Nls\Calendars\Japanese\Eras] の内容が左図のようになった。
また、近くにある Windows 10 デバイスを見つけて、簡単にファイルを共有できる「近くの共有(Nearby Share)」機能が搭載された。Apple の AirDrop に似ている。

Edge ブラウザも強化した。作業への集中に関しては、ブラウザにオーディオアイコンが加わり、音声が再生されているタブをミュート、ミュート解除に設定できるようになっている。

参考サイト

(この項おわり)
header