PHP 7.4 で変わったこと

PHP 7.4は、2019 年(令和元年)11 月 28 日に正式版がリリースされた。プロパティ型宣言(Typed properties)、アロー関数(Arrow Functions 2.0)など新しい機能が加わった。また、これまでのバージョンより高速に動作するとされている。
PHP 7.4 のアクティブサポート期限は 2021 年(令和 3 年)11 月 28 日、セキュリティサポート期限は 2022 年(令和 4 年)11 月 28 日である。

プロパティ型宣言

プロパティ型宣言は、オブジェクトのメンバに対する型宣言である。void と callable を除く全ての型が利用できる。

0002: class Pahoo {
0003:     public int $papa;
0004:     private string $mama;
0005: }

アロー関数

アロー関数は、その場でしか使わないような関数をシンプルに記述できるようにした。式で使われている変数が親スコープで定義されている場合は、“use()”で明示的に示さなくても、暗黙的に値渡し(キャプチャー)できる。

0002: $y = 1;
0003: 
0004: $fn = fnb($x) => $x + $y;
0005: 
0006: $fn2 = functiopn($xuse($y) {
0007:     return $x + $y;
0008: }
0009: //fn1 と fn2 の挙動は同じ

その他の新機能

  • 制限された共変戻り値型と反変引数をサポート
  • Null 合体代入演算子をサポート
  • 配列内展開機能の導入
  • 数値リテラル区切り記号を導入
  • 弱い参照を導入
  • toString()からの例外を許可するように機能を変更
  • Opcache のプリロード機能導入

参考サイト

(この項おわり)
header