境港駅・水木しげるロード

2012年12月16日 撮影
境港駅
境港駅(鳥取県境港市大正町1-28)は境線(JR西日本)の終着駅で、境線唯一の有人駅である。鳥取県最西端の駅でもある。駅舎は灯台の形を模している。
境港 関連
境港駅・水木しげるロード
駅を降りるとすぐ、漫画家・水木しげるの仕事場の様子をあらわした銅像が目に入る。

境港駅から東へ伸びる道路は水木しげるロードと呼ばれ、多数の妖怪のオブジェが歩道上に設置してある。
境港駅・水木しげるロードの大きな写真大きな写真
(1600×1200ピクセル, 1682 Kbyte)
水木しげるロード
境港市は日本有数の漁業の街で、多くの人が集まることで商店街も発展していった。しかし、1970年代以降の大規模小売店の出現などにより商店街は衰退し、徐々にシャッター通りと化していった。
水木しげるロード 関連
水木しげるロード
1989年(昭和64年)、境港市出身の漫画家・水木しげるの代表作である「ゲゲゲの鬼太郎」「悪魔くん」「河童の三平」に登場する妖怪をモチーフにした銅像を設置した。水木しげるロードは、銅像23体の設置が完了した1993年(平成5年)7月に正式オープンした。
このタイミングでJR西日本は境線に鬼太郎列車の運行を開始、全国から観光客が集まるようになる。
水木しげるロードがオープンした都市の観光客は2万1000人であったが、3年後には28万1000人に、2007年(平成19年)にはアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第5期が始まったこともあり147万人に、NHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」が放映された2010年(平成22年)には370万人に達した。

2013年(平成25年)7月21日、開設20周年記念式典がJR境港駅前広場特設ステージで行われた。
2013年(平成25年)11月5日、年間観光客数が250万人を突破。250万人越えは4年連続だ。
2014年(平成26年)3月8日、観光客数2500万人突破の記念セレモニーが行われた。この日は水木しげるの92歳の誕生日だった。
2018年(平成30年)7月、大規模改修を終えて新装オープンした。新装オープンから2カ月余りでの100万人を突破し、9月24日には200万人を超えた。昨年より3ヵ月速いペースだ。

交通アクセス

【鉄道】
  • JR境港駅下車すぐ
行き方ナビ
出発地の最寄駅:

目的地:境港駅

近隣の情報

水木しげる死去

2015年(平成27年)11月30日、水木しげるが他界した。

水木しげるは、1922年(大正11年)3月8日、大阪府大阪市住吉区で生まれ、すぐに鳥取県境港市入船町に移る。幼少時、まかない婦として家に出入りしていた景山ふさ(のんのんばあ)に可愛がられ、彼女が語り聞かせた妖怪話の強い影響を受けた。
当時の水木は自分の名前を「げげる」と言っていたため、「ゲゲ」があだ名となった。そのあだ名が『ゲゲゲの鬼太郎』のタイトルの原点となったという。

太平洋戦争では、ラバウルにおいて爆撃にあい、左腕を失い、想像を絶する飢餓にも耐えてきた。1946年(昭和21年)に復員したのちは、紙芝居作者を経験し、貸本漫画の執筆を通して一時代を築く。
1963年(昭和38年)、代表作『悪魔くん』を貸本の東考社から出版したが、貸本漫画界が下火になったことから、1964年(昭和39年)に『ガロ』で商業誌デビュー。『別冊少年マガジン』で発表した『テレビくん』は講談社児童まんが賞に輝き、続いて『週刊少年マガジン』では紙芝居・貸本時代から大事にしてきたキャラクター・鬼太郎を主人公とする『墓場の鬼太郎』(のちに『ゲゲゲの鬼太郎』に改題、1965~67年)を発表、テレビアニメ化もされる大ヒット作となった。

戦記物も多く手掛けている。
水木は生前、「戦記物をかくと、わけのわからない怒りがこみ上げてきて仕方がない。たぶん戦死者の霊がそうさせるのではないかと思う」と語っていた。
また、「人生はあんた、面白くなりかけたころに寿命がくるんです。秘密がわかりかけたころに。神様がわからないようにしてるんだ」とも。

亡くなる半年ほど前の2015年(平成27年)5月まで、ビッグコミックで『わたしの日々』を連載していた。
水木しげるに「ご冥福を」という言葉は似合わないので、「行ってらっしゃい」と送り出すことにしたい。
(この項おわり)
header