竜飛海底駅は青函トンネルの駅

2013年8月13日 撮影
竜飛海底駅
竜飛海底駅(青森県東津軽郡外ヶ浜町字三厩龍浜)は、青函トンネル(津軽海峡線)の青森側の海底にある駅で、1988 年(昭和 63 年)3 月の青函トンネル開業時に緊急避難施設として設置された。
見学コースが定められており、事前に JR で見学整理券を購入する必要があり、見学できる列車も限定されている。
竜飛海底駅の大きな写真大きな写真
(1920×1268 ピクセル, 307 Kbyte)
竜飛海底駅
この日は、スーパー白鳥19 号(新青森駅12 時 45 分発、函館行)に乗って見学に行く予定だったが、東北新幹線が停電の影響で 30 分遅れたため予定の列車に残ることができなかった。このため竜飛海底駅の見学も断念することに。
竜飛海底駅の大きな写真大きな写真
(1600×1056 ピクセル, 2571 Kbyte)

竜飛海底駅の廃止

竜飛海底駅の見学は 2013 年(平成 25 年)11 月 10 日に終了した。
2014 年(平成 26 年)秋から、在来線より幅が広い北海道新幹線の試運転が始まるため、運行に支障を来す竜飛海底駅のホームが撤去されるためだ。北海道側の吉岡海底駅は 2006 年(平成 18 年)8 月から見学を休止している。
両駅とも、新幹線仕様の避難施設として改修されることになっている。

交通アクセス

行き方ナビ
出発地の最寄駅:

目的地:竜飛海底駅
青函トンネル 関連
(この項おわり)
header