奈良公園には約1200頭のシカが生息している

2014年6月11日 撮影
奈良公園
奈良公園(奈良県奈良市)は、1880 年(明治 13 年)に開園し、総面積502 ヘクタールのほとんどが国有地である。東大寺、興福寺、春日大社などの歴史遺産を含めると、660 ヘクタールに及ぶ。国の名勝である。

奈良公園といえばシカであるが、約 1200頭が生息している。これ以外にも、タヌキ、イノシシ、ムササビ、リスなどの動物がいる。
奈良公園の大きな写真大きな写真
(1920×1080 ピクセル, 2209 Kbyte)
奈良公園
塀・柵・門などがなく、入園料も不要である。いつでも、どこからでも散策できる。

1880 年(明治 13 年)、官有地であった興福寺の境内を公園として開放したことが奈良公園のはじまりである。このため、興福寺には、いまでも塀がない。
1889 年(明治 22 年)に入ると、東大寺境内、春日野、若草山などを編入し、いまの規模となった。
奈良公園
春日大社ではシカが神の使いとされており、古くから手厚く保護されてきた。天然記念物に指定されており、野生による繁殖にもかかわらず個体数を増やしてきた。
奈良公園の大きな写真大きな写真
(1920×1724 ピクセル, 2394 Kbyte)
奈良公園
近年、乗用車の衝突事故、エアガンによる狙撃事件など、シカにとって受難が増えている。
一方、近隣の農地を荒らすなど、シカによる食害も問題となっている。
奈良公園 一の鳥居
169 号線沿いには、春日大社の一之大鳥居(重要文化財)がある。

交通アクセス

【鉄道】
  • 近鉄奈良駅から徒歩 5 分
  • JR 奈良駅から徒歩 20 分
行き方ナビ
出発地の最寄駅:

目的地:奈良公園
奈良公園 関連

近隣の情報

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header