三内丸山遺跡で縄文時代にタイムスリップ

2018年8月27日 撮影
三内丸山遺跡
大きな写真大きな写真
(2560×883 ピクセル, 792 Kbyte)
三内丸山遺跡
三内丸山遺跡 (さんないまるやまいせき) (青森県青森市大字三内字丸山 305)を22 年ぶりに再訪した。
三内丸山遺跡
以前にはなかった、大型掘立柱 (ほったてばしら) 建物跡が復元されていた。
三内丸山遺跡の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 1236 Kbyte)
柱穴は直径約 2 メートル、深さ約 2 メートル、間隔が 4.2 メートルで統一されており、測量の技術があったことをうかがわせる。6 つある穴の中には直径約 1 メートルのクリの木柱が入っていた。用途については、物見櫓説、灯台説、天文台説、神殿説など様々で、結論は出ていない。
三内丸山遺跡
ここに遺跡があることは江戸時代から知られていたが、1992 年(平成 4 年)、県営球場建設の事前調査を行ったところ、大規模な集落跡であることがわかった。1994 年(平成 6 年)、大型建物の跡が発見され、青森県は野球場建設を中止し、遺跡の保存を決定した。
三内丸山遺跡の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 1448 Kbyte)
三内丸山遺跡
大型掘立柱建物跡の近くには、長さ 32 メートル、幅 10 メートルの大型竪穴式住居跡が再現されており、内部を見学できる。
三内丸山遺跡の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 1247 Kbyte)
三内丸山遺跡
三内丸山遺跡では多くの竪穴式住居跡が発見されている。写真は樹皮葺きの竪穴式住居を再現したもの。
三内丸山遺跡の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 1326 Kbyte)
三内丸山遺跡
こちらは、土葺きの竪穴式住居を再現したものである。
三内丸山遺跡の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 1973 Kbyte)
三内丸山遺跡
高床式倉庫とみられる柱穴群も発見されている。これは再現したもの。
三内丸山遺跡の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 1103 Kbyte)
三内丸山遺跡
2002 年(平成 14 年)11 月、遺跡の入口に縄文時遊館がオープンした。
三内丸山遺跡
遺跡から出土した重要文化財約 500 点を含む、総数約 1,700 点の遺物を展示している。
三内丸山遺跡
2017 年(平成 29 年)11 月 5 日、300 人が世界最大の考古学授業と題した世界記録に挑戦し、見事にギネス世界記録に認定された。
三内丸山遺跡
木炭を使用した炭素年代測定により、三内丸山遺跡で集落が営まれたのは紀元前 3800 年~2100 年(令和 82 年)になることがわかったが、なぜこれほどの集落が終焉を迎えたかは分かっていない。
三内丸山遺跡
縄文土器を模した蛇口。
三内丸山遺跡
さんまるは、いまから 4500 年(令和 2482 年)前の 1 月 1 日生まれで、発掘調査で目覚めたという設定。性別不明。板状土偶をモチーフにしている。
以前訪問したときは、もっとリアルな板状土偶が描かれていたのだが、いつの間にか「ゆるキャラ」になったようである。

交通アクセス

【鉄道+バス】
  • JR青森駅から市営バス「三内丸山遺跡」行きで 35 分、「三内丸山遺跡前」下車(310 円)
  • JR青森駅からシャトル・ルートバス「ねぶたん号」で 35 分、「三内丸山遺跡前」下車(200 円)
  • JR 新青森駅からシャトル・ルートバス「ねぶたん号」で 15 分、「三内丸山遺跡前」下車(200 円)
【自動車】
行き方ナビ
出発地の最寄駅:

目的地:三内丸山遺跡
三内丸山遺跡 関連

近隣の情報

参考サイト

(この項おわり)
header