ボーイング 737-800(SJO)

座席数は189席で、すべてエコノミー
ボーイング 737-800 (JAL)
2019年9月11日 九州佐賀国際空港 写真:こぱふぅ
春秋航空日本ボーイング 737-800は、1997 年(平成 9 年)に生産開始された 737 シリーズの最新鋭機である。春秋航空日本は 2013 年(平成 25 年)7 月に初号機が引き渡された。座席数は 189 席で、すべてエコノミーだが、シートピッチの広さに応じて 4種類に区分けされており、料金にも差が設けられている。
ボーイング 737-800 (JAL)の大きな写真大きな写真
(1920×1322 ピクセル, 647 Kbyte)
春秋航空日本株式会社は、中国の格安航空会社春秋航空などが出資し、2012 年(平成 24 年)9 月 7 日に設立された LCC 会社である。航空法の外資規制があるため、春秋航空による出資は 33%までにとどめられている。
保有機材 6 機は、すべてボーイング 737-800である。

参考サイト

ボーイング737 関連
(この項おわり)
header