エアバスA320(SCOOT)に乗って台湾へ

座席数は180席
エアバス A320(SCOOT)
2019年9月16日 台湾・桃園空港 写真:こぱふぅ
スクート(SCOOT)のエアバス A320を60機保有している。
全長37.6m、全幅34.1m、全高1.8m。巡航速度840km/h。最大離陸重量は67トン。座席数は80席。
エアバス A320(SCOOT)の大きな写真大きな写真
(1920×1333ピクセル, 747 Kbyte)
同クラスの旅客機の中で、最も燃費がよく、CO2排出量や騒音レベルも低いので、環境に優しい航空機といわれている。
スクートは、シンガポール航空の出資によって長距離国際線を運行する格安航空会社として設立された。2012年(平成24年)6月、シドニー線が初就航。10月には、桃園線を成田空港まで延伸した。
日本では、成田空港・関西国際空港・新千歳空港に就航している。
エアバスA320 関連

参考サイト

(この項おわり)
header