新千歳空港は国内第4位のハブ空港

2016年9月18日 撮影
新千歳空港
新千歳空港 (しんちとせくうこう) (北海道千歳市美々)は、1988 年(昭和 63 年)7 月 20 日に開港した。2014 年度の年間利用客数は、国内線1772 万人、国際線155 万人。日本国内の空港では羽田、成田、福岡に次いで第4 位である。
新千歳空港の大きな写真大きな写真
(2560×1303 ピクセル, 1588 Kbyte)
新千歳空港
滑走路は、長さ 3,000 メートルのものが 2 本、南北方向に並行して設置されている。

滑走路北端付近の西寄りに、地上 4階地下 1階の新千歳空港ターミナルビルがある。
ビル内には、土産物屋や飲食店から、ホテル、温泉まで設置されており、航空収入以外では那覇空港に次ぐ売上を叩き出している。
1934 年(昭和 9 年)10 月、千歳飛行場(千歳空港)が開港する。太平洋戦争終戦時に連合国に接収されるが、1951 年(昭和 26 年)10 月から民間航空が再開される。
1962 年(昭和 37 年)1 月、管制業務が米軍から航空自衛隊に移管され、航空自衛隊と民間航空機が強要するようになった。
千歳空港は北海道のハブ空港となったが、ソ連機の領空侵犯による航空自衛隊機のスクランブル出動が年間200 回にも及ぶ状態で、それらが滑走路1 本で共存するという綱渡りの運用が続いていた。
こうした安全・防衛上の問題から、1975 年(昭和 50 年)、隣接地に新千歳空港の建設がはじまった。

交通アクセス

【鉄道】
  • 札幌駅から JR 千歳線で約 40 分。
【バス】
  • 札幌市内から空港連絡バスで約 1 時間。
行き方ナビ
出発地の最寄駅:

目的地:新千歳空港

参考サイト

輪王寺

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header