東海道新幹線 500系は世界最高速度300km/hの営業運転

グッドデザイン商品選定、鉄道友の会ブルーリボン賞受賞
東海道新幹線500系
2000年12月10日 東京駅 写真:パパぱふぅ
東海道新幹線 500系
2000年12月10日 東京駅 写真:パパぱふぅ
500 系新幹線は、1997 年(平成 9 年)3 月にデビューした世界最高速度の営業運転を可能とした新幹線車両である。その直後に東京まで乗り入れるようになった。
1996 年(平成 8 年)にグッドデザイン商品選定、1998 年(平成 10 年)に鉄道友の会ブルーリボン賞を受賞した。
新幹線としては最速の営業速度 300km/h を誇るものの、コストなどの面で有利な700 系の登場により製造中止に追い込まれてしまった。

全長15 メートルの長~いお顔の先端はホームからはみ出してしまう。1 枚の写真では収まりきらなかったので、3 枚の写真を合成してみた。
東海道新幹線 500系
2003年11月3日 品川駅 写真:パパぱふぅ
2003 年(平成 15 年)10 月 1 日に東海道新幹線品川駅が開業した。その 1 ヶ月後に品川駅を訪れた際に撮影した 1 コマ。

N700 系の登場に伴い廃止が検討されていたが、2009 年(平成 21 年)9 月現在、9編成製造されたうちの 5編成が山陽区間を「こだま」として運行している。1編成は半分の 8 両になった。
東海道新幹線 500系
2000 年 12 月 10 日 東京駅 写真:パパぱふぅ
JR西日本は、山陽区間の「500 系こだま」の車両内に子ども向けの模擬運転台を設置するなどしており、子どもを中心に根強い人気があるという。300km/h の最高速度を活かせなくなったのは残念である。

こだま「プラレール」

2014 年(平成 26 年)7 月、新大阪から博多までの山陽区間を基本的に 1 日 1 往復するこだま「プラレールカー」が登場。
1 号車の座席をすべて取り払い、代わりにプラレールで遊べるプレーゾーンや立体模型、運転台から見えるのと同じ風景が映し出される、子ども用運転台を据え付けた。特別な切符は不要とあって、子連れ客に好評という。
500系 関連
(この項おわり)
header