JR東日本 415系は50/60Hz交直流対応車

1986年から1991年まで製造

水戸線

水戸線 415系1500番台
2013年3月15日 結城駅 写真:こぱふぅ
415 系電車は、1971 年(昭和 46 年)に誕生した 50 ヘルツおよび 60 ヘルツの両方に対応する交直流近郊形電車だ。
水戸線 415系1500番台の大きな写真大きな写真
(1920×1080 ピクセル, 782 Kbyte)
水戸線 415系1500番台
2015年2月3日 笠間駅 写真:こぱふぅ
415 系 1500番台は、415 系の改良車両で、1986 年(昭和 61 年)に製造が始まった。
211 系の技術を導入し、ステンレス車体、ボルスタレス台車となり、軽量・省エネ化が図られている。
水戸線 415系1500番台の大きな写真大きな写真
(2560×1722 ピクセル, 2156 Kbyte)
水戸線 415系1500番台
2011年2月11日 小山駅 写真:こぱふぅ
座席はトイレ対向部を除いてロングシートとなっており、ラインカラーは鋼製車の青20 号を踏襲する。片側 3 扉。
水戸線 415系1500番台の大きな写真大きな写真
(1600×1200 ピクセル, 315 Kbyte)

常磐線

常磐線 415系1500番台
2016年3月23日 水戸駅~勝田駅間 写真:こぱふぅ
水戸線のほか、常磐線でも活躍していたが、E501 系E531 系に後を託し、2016 年(平成 28 年)3 月のダイヤ改正で引退した。
常磐線 415系1500番台の大きな写真大きな写真
(2560×1759 ピクセル, 1566 Kbyte)
常磐線 415系600番台
2003年12月20日 上野駅 写真:パパぱふぅ
こちらは、老朽化した 401 系の交換と混雑緩和を目的として 1982 年(昭和 57 年)より製造された 600番台である。座席はトイレ対向部を除いてロングシートとし、定員は 20%増えた。塗装はクリーム 10 号に青20 号の帯という、常磐線塗装になっている。
2007 年(平成 19 年)3 月のダイヤ改正で引退した。

参考サイト

415系関連
(この項おわり)
header