近畿日本鉄道 30000系は1978年にデビュー

10100系の交換用
近鉄 30000系
2005年3月4日 近鉄京都駅 写真:パパぱふぅ
近畿日本鉄道 30000 系電車 は、10100 系の交換用として、1978 年(昭和 53 年)にデビューした。

製造当時の特急車両の中心であった 12200 系・ 12400 系を基本とし、20m車両・ボギー台車を採用。「ビスタカー」のシンボルであるダブルデッカーを中間車両とした。
21000 系「アーバンライナー」の登場後、設備面の見劣りが顕著になったため、1996 年(平成 8 年)から大幅なリニューアルがなされ、愛称を Vista EX に変更した。

リニューアル

近鉄 30000系
2019年1月17日 津駅 写真:パパぱふぅ
2016 年(平成 28 年)から塗装変更が行われている。
クリスタルホワイトをベースに、ブライトイエローを車体上部に配している。側面中央にはゴールドラインを入れ、品格の高さをスピード感を表現している。
近鉄 30000系の大きな写真大きな写真
(1920×1383 ピクセル, 886 Kbyte)
車内インテリアは 2010 年(平成 22 年)から 2012 年にかけて 2 回目の更新が行われており、海をテーマとして、航海に出る時の期待感と躍動感を表現している。
近畿日本鉄道 関連
(この項おわり)
header