東急田園都市線 8500系は初めてシンボルカラーの赤帯を入れた

1975年デビュー
東急田園都市線 8500系
2007年3月8日 東急長津田駅 写真:パパぱふぅ
東急田園都市線 8500 系は、1975 年(昭和 50 年)にデビューした東京急行電鉄の通勤形電車である。8000 系を改良し、田園都市線・半蔵門線の相互乗り入れを可能としている。東急として初めて、鉄道友の会のローレル賞を受賞した車両である。
半蔵門線乗り入れ規格に応じ、東急のステンレス車では初めて先頭車の前面に東急のシンボルカラーと警戒色を兼ねた赤帯の路線識別帯を入れた。これ以降、東急の車両には赤帯が施されるようになる。
東京急行 関連
(この項おわり)
header