東武鉄道 500系は 26年ぶりの新型特急車両

鉄道友の会ローレル賞を受賞
東武鉄道 500系
2019年5月3日 下小代~明神駅間 写真:こぱふぅ
東武鉄道 500 系電車は、2017 年(平成 29 年)4 月にデビューした特急車両で、愛称は Revaty (リバティ) 。2018 年(平成 30 年)、東武鉄道の車両としては初めて鉄道友の会 ローレル賞を受賞した。
東武鉄道 500系の大きな写真大きな写真
(2560×1800 ピクセル, 2276 Kbyte)
東武鉄道 500系
2019年6月14日 東武日光駅 写真:こぱふぅ
途中駅での併分割が可能な構造となっており、3 両または 6 両編成で運用できる。最高速度は 130km/h、3 両編成時の定員 360 名(座席 161 名)。
東武鉄道 500系の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 1893 Kbyte)
東武鉄道 500系
2019年6月21日 浅草駅 写真:こぱふぅ
車体は、アルミ合金製のダブルスキン構造を採用することで軽量化を図っている。また、床面高さを 100 系より 60mm 低くし、ホームとの段差を解消した。

乗り心地を向上するために、車体動揺防止制御装置を搭載した。また、全車両に TOBU FREE Wi-Fi を提供し、各座席の肘掛部に AC100V コンセントのほか、ドリンクホルダ・網ポケットを設置した。

その他、AED の設置、車いす対応多機能トイレの設置など、快適性ならびにサービス向上を図るとともに、バリアフリーに対応した車両となっている。
東武鉄道 500系の大きな写真大きな写真
(1280×1920 ピクセル, 788 Kbyte)
東武鉄道 500系
座席は、江戸の伝統色「江戸紫」をモチーフとした配色に、袖部分には江戸の伝統工芸である「印伝」をモチーフにした柄をあしらっている。
東武鉄道 500系
愛称の Revaty は、併結・分割機能を活かした多線区での運行を表す「Variety」と路線を縦横無尽に走り回る自由度の高さを表す「Liberty」を合わせた造語である。登録商標。
東武鉄道 関連

参考サイト

(この項おわり)
header