「Pentium M」はPentium 4を駆逐する?

2003年3月リリース
Pentium M
Pentium MIntelがモバイル PC 向けに開発した CPU だ。

Pentium III や Pentium 4 とはまったく違う設計思想で開発され、コアクロックが Pentium 4 の半分程度でも同等の処理能力を有するという。
一方、消費電力はPentium Mが 20W程度なのに対し、Pentium 4 は 80W~200W である。Pentim M では、アイドル時に数 W まで消費電力を落とすこともできる。
Pentium M
長年 PC を使っている立場から見ると、PC を普通に使っている分にはPentium 4の必要性を感じない。

2004 年(平成 16 年)8 月現在、1.3GHz 動作の Pentium M を使っているが、メーラー、ブラウザ、オフィス製品を使っている限り、何のストレスも感じない。Eclipseもサクサク動くし、VideoStudioでビデオ編集もできる。
ボトルネックになっているのはハードディスクのアクセス速度である。CPU の処理速度ではない。
90nm プロセスの Pentium M(開発コード名:Dothan (ドーサン) )も登場したし、インテルのロードマップによればマルチコアが導入されるのも Pentium M シリーズが先行している。

小さな CPU が 100W も消費するのは異常である。電気代のことを考えたら、家庭利用で Pentium 4 を選択するメリットはないのではないだろうか。(ゲームや仕事でバリバリに 3D する人は別として)

主要スペック

項目 仕様
メーカー Intel
生産時期 2003年~2008年
開発コード名 Banias,Dothan
トランジスタ数 7000万~1億4千万
内部バス/外部バス 32ビット/32ビット
CPUクロック 900MHz~2.26GHz
プロセスルール 130~90nm
マイクロアーキテクチャ P6
ソケット Socket 479
TDP 27~5W

Pentium M から Core へ

2006 年(平成 18 年)1 月に発表された後継CPU(開発コード名:Yonah (ヨナ) )は 65nm プロセスで製造され、モバイル向けとして初めてデュアルコアが採用された。

このモデルからブランド名が Intel Core と変更され、ついに Macintosh にも Intel CPU が採用された。こうして、再び他の追随を許さない Intel の独走体勢を築いてゆく。
そして、この記事のタイトル通り、Pentium 4 は駆逐されてしまった。
(この項おわり)
header