武蔵陵墓地(多摩御陵)には大正・昭和天皇が眠る

2007年1月3日 撮影
多摩御陵入口
多摩御陵は、昭和天皇陵が造営される以前の名称で、現在は武蔵陵墓地が正式名称である。東京都八王子市にある皇室墓地で、大正天皇、貞明皇后、昭和天皇、香淳皇后の四陵が存在する。
大正天皇陵は「多摩陵 (たまのみささぎ) 」、昭和天皇陵は「武藏野陵 (むさしののみささぎ) 」と呼ばれる。
2009 年(平成 21 年)1 月 7 日、昭和天皇の死去から 20 年の節目の日に、「昭和天皇二十年式年祭の儀」が武蔵野陵と皇居・宮中三殿で行われた。
武蔵野陵には、天皇・皇后陛下をはじめとする皇族方、麻生首相ら三権の長、閣僚ら約 80 人が参列。天皇陛下が陵の前で玉串をささげて拝礼し、「御告文(おつげぶみ)」を読み上げた。
宮中三殿で行われた皇霊殿の儀には、昭和天皇の親族ら約 40 人が参列し、天皇陛下の名代として皇太子さまが、皇后さまの名代として雅子さまが、それぞれ拝礼した。
多摩御陵警備派出所
入り口のそばには、高尾警察署の多摩御陵警備派出所がある。万が一の事態に備え、24 時間365 日、警官が常駐している。
2008 年(平成 20 年)6 月、宮内庁が公開した「大正天皇実録」によると、地盤が地震に強く、万葉集に詠まれた「多麻の横山」の故地であることから、この地が選ばれたことが分かった。また、明治天皇の「伏見桃山陵」に「依リ」「準ジ」という記述が多く見られ、明治天皇陵を意識していることも明らかになった。

昭和天皇陵「武蔵野陵」

昭和天皇陵
第124 代天皇、昭和天皇裕仁(1901 年 4 月 29 日~1989 年(昭和 64 年)1 月 7 日)は、神話上の天皇を除き、在位期間が最長で、最も長命の天皇であった。
崩御直後の 1 月 17 日に陵所地鎮祭が行なわれ、造営が始まった。2 月 24 日の大葬の礼の当日は雨。3 万 2 千人の警備の中、霊柩車に改造されたプリンスロイヤルが、皇居から新宿御苑を経由し、武蔵野稜に入り、造営中の陵所に昭和天皇を埋葬した。
武蔵野稜の形態は、後述する大正天皇陵などと同様、上円下方墳である。大正天皇陵より上円部の丸みがなだらかになり、一般拝所から墳丘がある段までの高さを低くすることで、威圧感を落とす試みがなされている。
関連商品icon

香淳皇后陵「武蔵野東陵」

香淳皇后陵
昭和天皇の后である香淳皇后良子 (こうじゅんこうごう ながこ) (1903 年 3 月 6 日生誕)は、2000 年(平成 12 年)6 月 16 日に崩御した。7 月 25 日に斂葬の儀が行なわれ、埋葬された。
昭和天皇陵の南東に接して位置している。拝所などの構成は他の陵と同様である。

大正天皇陵「多摩陵」

大正天皇陵
第123 代天皇、大正天皇嘉仁(1879 年 8 月 31 日生誕)は、初めて一夫一婦制をとった天皇である。
大正天皇は 1926 年(昭和元年)12 月 25 日に崩御し、翌年 2 月 7 日に新宿御苑において大葬が行なわれ、翌8 日に陵所に埋葬された。
大正天皇陵の大きな写真大きな写真
(1600×1200 ピクセル, 574 Kbyte)
大正天皇陵
陵域の面積は 2,500 平方メートル。上部2 段・下部3 段の上円下方墳で、上円は直径 15 メートルで高さが 10.5 メートルある。一番下部の段は一辺27 メートルの正方形で、多摩川の石が葺き石として用いられている。
稜は南に面しており、正面に皇族拝所がある。階段を下ったところには特別拝所があり、さらにくだったところに一般拝所がある。皇族拝所と一般拝所には鳥居が設けられている。
関連商品icon

貞明皇后陵「多摩東陵」

貞明皇后陵
大正天皇の后である貞明皇后節子 (ていめいこうごう さだこ) (1884 年 6 月 25 日生誕)は、1951 年(昭和 26 年)5 月 17 日に崩御した。6 月 22 日に斂葬の儀が行なわれ、陵所に埋葬された。
大正天皇陵のほぼ東に位置している。陵の構成は一般拝所に段がないことを除けば、大正天皇陵とほぼ同じである。

交通アクセス

JR 中央線・高尾駅から徒歩約 20 分。ウォーキングするのに良いコースだ。
車なら、甲州街道(国道20 号線)から北に折れ、巨大なけやき並木を通り、南浅川橋を渡り、御陵の入り口に達する。無料の駐車場がある。

近隣の情報

(この項おわり)
header