ディラ三鷹(Dila MITAKA)はJR三鷹駅の駅ナカ商店街

2007年12月16日 撮影
ディラ三鷹(Dila MITAKA)
2007年(平成19年)12月16日(日曜日)、JR三鷹駅に駅ナカ商業施設「ディラ三鷹(Dila MITAKA)」(東京都三鷹市下連雀3-46-1)がオープンした。東京圏駅ビル開発株式会社(現・株式会社アトレ)が運営する。

2014年(平成26年)10月10日に回答・店名を変更し、隣接するアトレヴィ三鷹と統合することになった。
ディラ三鷹(Dila MITAKA)
総店舗面積は約1,380平方メートル。「ベーシック」「ナチュラル」「オリジナリティー」をキーワードに、駅ナカ初出店となるクイーンズ伊勢丹など10店舗を含む約25店舗が出店する。駅チカの三鷹ロンロン(アトレヴィ三鷹に統合)に比べると、高級感が漂う。
12月にオープンしたのは第1期15店舗で、2008年(平成20年)3月をめどに残り4店舗をオープンした後、既存コンコースの美化工事を順次手がけ、店舗開発を進めるという。売上は年間約24億円を見込む。
エレベーター-ディラ三鷹(Dila MITAKA)
総武線・東西線ホーム(1番線,2番線)には、ディラ三鷹がある3階、4階を直接結ぶエレベーターがある。4階にある本屋「ブックエキスプレス」へ行くのに便利だ。
Suica対応ロッカー-ディラ三鷹(Dila MITAKA)
3階には Suica 対応のコインロッカーがある。
Suicaが鍵になる。コインで利用する場合には、暗証番号を記したシートが印字される。
液晶表示が英語や韓国語表示に切り替えられるものの、音声ガイダンスは日本語のみである。
ディラ三鷹(Dila MITAKA)
開店セールとして、1,000円以上の買い物をするとスピードくじができる。外れくじは無いのか、ほぼ全員がエコバックを受け取っていた。

この日は、スーツを着た関係者と思わしき人々が目立った。
駅ナカが流行っているわけだが、第1期15店舗のうち7店舗がJR関連企業である。

交通アクセス

洋菓子シェ・リュイ
洋菓子ラトリエ クルール 36
スイーツマンスリースイーツ
おにぎり・惣菜えんむすび
物販Dila KIOSK
ベーカリーミニワン・松蔵
高級スーパーQUEENS I MITAKA
リラクゼーションリラクゼ
コスメLUSH
雑貨C'est Sa Vie(セサビー)
書籍・文具ブックエキスプレス
スイーツマフィナリーズ
食事広東炒飯店
食事スープストック
雑貨Monthly Zakka
ATM新生銀行

関連サイト

近隣の情報

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header