大日影トンネル遊歩道は重厚な煉瓦造り

2008年6月14日 撮影
大日影トンネル遊歩道
大日影トンネル遊歩道は、中央線「勝沼ぶどう郷駅」の上り側に位置する。長1367.8 メートル、幅 3.6~3.7 メートル、高さ 4.9 メートル。
通り抜けるには約 30 分かかる。途中にトイレはない。
大日影トンネル遊歩道
1903 年(明治 36 年)に開通した「大日影トンネル」が、1997 年(平成 9 年)、新トンネル開通に伴い廃線となり、旧・勝沼町が遊歩道として整備したもの。2007 年(平成 19 年)8 月 29 日に開通した。壁面は重厚な煉瓦で覆われ、蒸気機関車の煤がこびりついたままになっている。

左側は、現在、中央線が利用している新大日影トンネル
大日影トンネル遊歩道
東京側にあるもう一本のトンネル「深沢トンネル」は、現在、勝沼トンネルワインカーヴとして、ワイン好きな個人や法人に貸し出されている。
【撮影:こぱふぅ
勝沼ワイン 関連

交通アクセス

【鉄道】
  • JR 中央線「勝沼ぶどう郷駅」から徒歩。
【自動車】
  • 中央高速道「勝沼 I.C.」、大月方面出口、柏尾信号左折、次の 600m先を右折。

近隣の情報

(この項おわり)
header