ほったらかし温泉は富士山が見える絶景温泉

2020年3月11日 撮影
ほったらかし温泉
ほったらかし温泉
ほったらかし温泉(山梨県山梨市矢坪 1669-18)は、温泉に入りながら富士山や甲府盆地を見渡せると話題の絶景スポットだ。1999 年(平成 11 年)オープン。首都圏から日帰りできる温泉。
ほったらかし温泉の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 1140 Kbyte)
ほったらかし温泉
ほったらかし温泉
開業当時は道路も舗装されていなかったが、温泉に途中にある笛吹川フルーツ公園新日本三大夜景に認定され、その存在が広く知られるようになり、2018 年(平成 30 年)には年間45 万人が訪れる人気温泉となった。
ほったらかし温泉の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 1910 Kbyte)
こっちの湯 - ほったらかし温泉
こっちの湯
開業当初からある「こっちの湯」の建物は、スタッフによる手作り。
お湯は透明で、黄金の湯と呼ぶアルカリ性単純泉(pH 10.1)。柔かい手触りで、お肌すべすべ、湯冷めしにくい特徴を持っているという。
こっちの湯 - ほったらかし温泉の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 1172 Kbyte)
あっちの湯 - ほったらかし温泉
あっちの湯
2003 年(平成 15 年)にオープンした「あっちの湯」。山肌の傾斜を利用し、絶景の展望を提供する。
あっちの湯 - ほったらかし温泉の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 1307 Kbyte)
気まぐれ屋 - ほったらかし温泉
気まぐれ屋
気まぐれ屋は、日の出から 9 寺頃まで営業。
メニューは、南魚沼産コシヒカリを使った卵がけご飯、ただ一品❗ 味噌汁と漬物がつく。
気まぐれ屋 - ほったらかし温泉の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 968 Kbyte)
名前のない展望台
名前のない展望台
笛吹川フルーツ公園の近くにある名前のない展望台。駐車スペースと看板、テーブルとイスが設置されているだけだが、富士山をシルエットにした素晴らしい夜景を見ることができる。
名前のない展望台の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 2756 Kbyte)
県営石和温泉1号原泉
県営石和温泉1号原泉
ここから南西へ向かうと、石和温泉 (いさわおんせん) がある。1958 年(昭和 33 年)、原泉掘削を行ったところ、高温多量の温泉が周辺の川や畑に流れ込み、自然の温泉浴場としてマスコミに取り上げられ有名になった。
写真は、県営石和温泉 1 号原泉
県営石和温泉1号原泉の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 1105 Kbyte)

交通アクセス

【鉄道】
  • 山梨市駅下車、タクシーで 10 分
【自動車】
  • 中央自動車道「勝沼 I.C」または「一宮・御坂 I.C」から約 25 分
  • 甲府市から国道20 号線利用、約 30 分
行き方ナビ
出発地の最寄駅:

目的地:

参考サイト

近隣の情報

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header