岡山城は戦国時代に宇喜多秀家が築城

2013年8月28日 撮影
岡山城
岡山城(岡山県岡山市北区丸の内 2-3-1)は、宇喜多秀家 (うきたひでいえ) が豊臣秀吉の指導を受け、8 年の歳月を費やして 1597 年(慶長2 年)に完成したものである。旭川を城の東背後を流れるように改修し、天然の外堀としている。
天守閣の壁に黒漆塗りの下見板を取付けており、外観が黒くみえ、後の時代には「烏城」とも呼ばれるようになった。
岡山城の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 714 Kbyte)
廊下門 - 岡山城
関ヶ原合戦で秀家は敗軍の将となり八丈島に流され、代わって小早川秀秋 (こばやかわひであき) が城主となり、あらたに外堀を設けた。その後、池田家が治める岡山藩の城府となり、明治維新に至る。

写真は、表書院(中段)から本段(上段)に渡した長廊下の下手に設けられた廊下門。1966 年(昭和 41 年)に鉄筋コンクリートで再建された。
廊下門 - 岡山城の大きな写真大きな写真
(1920×1717 ピクセル, 786 Kbyte)
不明門 - 岡山城
写真は、表書院(藩庁)の南端から本段(城主居館)へ上る石段の入口に設けた渡櫓門。
天守閣のある本段全体の入口を固めた大型の城門であるが、平素の出入りは北端の渡り廊下を使用しており、この門はほとんど閉ざされていたことから「不明門 (あかずのもん) 」と呼ばれた。
明治の廃城後に取り壊されたが、1966 年(昭和 41 年)に鉄筋コンクリートで再建された。
岡山城の礎石
天守閣は 1945 年(昭和 20 年)6 月に戦災で焼失し、1966 年(昭和 41 年)に鉄筋コンクリートで再建された。
かつての礎石のみを移設して、元通りに配置している。
岡山城の金鯱
城内は、地下 1階から 4階まではエレベーターで昇降できる。

5階からは金鯱 (きんのしゃちほこ) を見ることができる。
金鯱は織田信長が安土城に掲げたのが最初とされるが、岡山城の発掘調査では金鯱は出土していない。ただ、金箔を施された軒丸瓦・軒平瓦などが出土していることから、金鯱もあったのではないかと推測されている。
岡山城の金鯱
安土城の金鯱は、 (ひれ)  (とげ) 、耳、目、牙など、体から突出した部分のみに金箔を施し、鰭、耳の内側、唇に朱を塗っていたと考えられている。
全身金ぴかの金鯱よりインパクトが強かったことは請け合いで、信長のデモンストレーション・センスの凄さを感じさせる。
岡山城の天守閣
天守閣の 6階からは岡山市内を一望できる。
岡山城
2階には藩主・池田時代の資料を展示している。

大名駕籠に乗って記念撮影や、城主の間でお殿さまやお姫さまの衣装を身につける体験もできる。
岡山城
岡山城は、豊臣時代の城が増改築をされて江戸時代にも引き続いて使用されたため、石垣に構築技法の発達の様相が異なる。
特に本丸本段の野面積による高石垣は、この時期の全国有数の遺構といえます。
岡山城の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 1110 Kbyte)

交通アクセス

【JR 岡山駅から】
岡電バス「岡電高屋行き」、両備バス「東山経由西大寺行き」→いずれも「県庁前」で下車、徒歩 5 分
  • 路面電車 「岡山駅前」から「東山行き」に乗車、「城下」下車、徒歩 10 分
【自動車】
  • 岡山 I.C.から車で 20 分
行き方ナビ
出発地の最寄駅:

目的地:岡山城
岡山城 関連

近隣の情報

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header