鶴岡市立加茂水族館は世界一のクラゲ水族館

2019年月日 撮影
オワンクラゲ - 鶴岡市立加茂水族館
オワンクラゲ
鶴岡市立加茂水族館(山形県鶴岡市今泉字大久保 657-1)は、1956 年(昭和 31 年)にオープンした山形県唯一の水族館。経営難で閉館の危機に陥るが、1997 年(平成 9 年)、サンゴの水槽で偶然クラゲが発生したことから、クラゲの展示を始める。
オワンクラゲ - 鶴岡市立加茂水族館の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 1388 Kbyte)
クラゲドリームシアター - 鶴岡市立加茂水族館
クラゲドリームシアター
2000 年(平成 12 年)、クラゲ展示室「クラネタリウム」が開館。日本一となる 12種類のクラゲを展示。
2005 年(平成 17 年)、世界一となる 21種類のクラゲを展示。2012 年(平成 24 年)にはギネス世界記録に認定された。
クラゲドリームシアター - 鶴岡市立加茂水族館の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 883 Kbyte)
プロカミアジェリー - 鶴岡市立加茂水族館
プロカミアジェリー
傘の直径が 50cm~1m に達する大型のクラゲ。
プロカミアジェリー - 鶴岡市立加茂水族館の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 709 Kbyte)
ウリクラゲ - 鶴岡市立加茂水族館
ウリクラゲ
ウリクラゲの表面には、櫛板 (くしばん) と呼ばれるミクロン単位の毛の列があり、この毛を動かして水流を発生させて泳ぐ。スムーズに移動する様は宇宙船のようだ。
櫛板は光の反射の具合により虹色に光るとともに波打ち、たいへん美しい。口を大きく開け、餌のクラゲを丸呑みにする。
ウリクラゲ - 鶴岡市立加茂水族館の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 576 Kbyte)
ハナガサクラゲ - 鶴岡市立加茂水族館
ハナガサクラゲ
ハナガサクラゲは、傘の直径 5~10cm。赤褐色で、傘の縁から出る 10~15 本の長い糸状の触手と、傘縁および傘の途中から出る 200 本以上の棍棒状の触手がある。美しい姿に似合わず、強い毒を持つ。
日本の中部から九州にかけての太平洋岸に分布する。
ハナガサクラゲ - 鶴岡市立加茂水族館の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 1010 Kbyte)
エチゼンクラゲ - 鶴岡市立加茂水族館
エチゼンクラゲ
エチゼンクラゲは、日本海で数年に一度の周期で出現していたが、最近では毎年のように大量発生している。全長は 2 メートルを超える。
傘の直径 1 メートルにも及ぶ個体が数千も漁網に入り、網上げに支障をきたすこともある。
エチゼンクラゲ - 鶴岡市立加茂水族館の大きな写真大きな写真
(1280×1920 ピクセル, 690 Kbyte)
タコクラゲ - 鶴岡市立加茂水族館
タコクラゲ
タコクラゲは、傘は直径 10~20cm の半球形で、ゼラチン質が厚い。口腕が 8 本ありタコのようであることから、この名が付いた。口腕の先から細長い棒状の付属器が伸びる。
ゼラチン質内に共生する褐虫藻の色、濃褐色地に軟骨様組織の色である黄色の斑点がある。
アカクラゲ - 鶴岡市立加茂水族館
アカクラゲ
アカクラゲは、日本近海に昔から生息するクラゲで、毒性の強い毒針を持ち、小魚などをその触手で捕まえて捕食する。
オワンクラゲ - 鶴岡市立加茂水族館
オワンクラゲ
2008 年(平成 20 年)のノーベル化学賞を受賞した下村脩さんが研究していたオワンクラゲを飼育しているのが加茂水族館だけだったことから、世界中から注目された。
加茂水族館で飼育されているオワンクラゲは、自然界から採取した成体は発光したのだが、人工繁殖で世代交代させると発光しなくなっていた。そこで下村脩さんは、セレンテラジンを餌に混ぜるようアドバイスをした。
鶴岡市立加茂水族館
2008 年(平成 20 年)、日本動物園水族館協会より第22 回「古賀賞」を受賞した。
オワンクラゲ効果で入館者は急増し、2009 年度には 40 年前の入館者21 万 7 千人を超えた。
鶴岡市立加茂水族館


鶴岡市立加茂水族館


アオウミガメ - 鶴岡市立加茂水族館
アオウミガメ


コイボイソギンチャク - 鶴岡市立加茂水族館


イイダコ - 鶴岡市立加茂水族館
イイダコ


鶴岡市立加茂水族館


鶴岡市立加茂水族館


鶴岡市立加茂水族館


鶴岡市立加茂水族館


鶴岡市立加茂水族館
2014 年(平成 26 年)6 月、写真の新刊に移転した。新館は鉄筋コンクリート地上 3階建てで、延べ床面積が約 4,000m2と旧館の約 2.5 倍となり、クラネタリウムも 4 倍の規模になった。
鶴岡市立加茂水族館の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 2256 Kbyte)
鶴岡市立加茂水族館
総工費30 億円のうち 3 億円を、加茂水族館クラゲドリーム債として発行したところ、発売 20 分で完売するほどの人気を見せた。2014 年(平成 26 年)の入館者数は 83 万 5 千人を超えた。
鶴岡市立加茂水族館
荒崎灯台 - 鶴岡市立加茂水族館
荒崎灯台
近くの荒崎は、遠目に見ると島のようだが、地続きになっており、荒崎灯台が建っている。
荒崎灯台 - 鶴岡市立加茂水族館の大きな写真大きな写真
(1707×2560 ピクセル, 1614 Kbyte)
荒崎灯台 - 鶴岡市立加茂水族館
荒崎灯台
塔の高さは 12 メートル。海岸からは 33 メートルの高さにあり、1903 年(明治 36 年)に初点灯した。
光度は 5,600 カンデラで、その光は 12 海里先まで届く。
荒崎灯台 - 鶴岡市立加茂水族館の大きな写真大きな写真
(1618×2560 ピクセル, 1175 Kbyte)
鶴岡市立加茂水族館


交通アクセス

【鉄道+バス】
  • JR鶴岡駅より「加茂水族館経由湯野浜温泉行」バスで「加茂水族館」下車
鶴岡市立加茂水族館 関連

参考サイト

近隣の情報

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header