asteroid

小惑星

意味

asteroid = 小惑星
小惑星。太陽の周りを公転する惑星よりも小さな天体の総称です。

1801 年(寛政 13 年)に最初の小惑星ケレスが発見されてから最近まで、直径が小さいために恒星のようにしか見えませんでした。そこで、天文学者ウィリアム・ハーシェルが、ギリシャ語の αστερ(aster 恒星)と ειδο?(eidos 姿、形)から asteroid と命名しました。

例文

For almost two years and three months after the launch in May of 2003, Hayabusa spacecraft has traveled a long journey by way of Earth gravity assist in May of 2004, and will make a world's first low thrust rendezvous with a near-Earth asteroid Itokawa next month.
探査機「はやぶさ」は、2003年の5月の打ち上げの後、2004年5月に地球重力の助けを借りて、およそ2年3ヶ月にわたる長い探査旅行を行っており、来月には地球に接近する小惑星イトカワに世界で初めて接近するでしょう。

参考サイト

(この項おわり)
header