no first use

先制不使用

意味

no first use = 先制不使用
先制不使用。

相手方の核攻撃に対する反撃の場合を除き、核兵器を使用しないという核保有国の政策。通常戦力、化学・生物兵器による攻撃に核兵器では応酬しないことで、核兵器の役割を核対核に限定することが目的。
1980 年代、マクナマラ元米国務長官やゴルバチョフ元ソ連書記長らが提唱した。しかし米国では、冷戦期にはソ連の通常戦力による攻撃に対して、核兵器の抑止効果があるという戦略が支配的だった。
また冷戦後も、通常兵器では撃破できない敵や生物・化学兵器による攻撃への報復などに、核使用を想定する考え方が根強い。
さらに米ブッシュ政権は、拡散対抗措置として、大量破壊兵器の保有国・開発国の核関連施設などに対する先制攻撃のため、小型核兵器を含む兵器体系を開発中である。冷戦後のロシアは、通常戦力の低下などから先制不使用を採用していない、中国は先制不使用を宣言している。

例文

Prime Minister Shinzo Abe has expressed concern about the possible adoption by the administration of U.S. President Barack Obama of a "no first use" policy for the U.S. nuclear arsenal.
安倍晋三首相は、バラク・オバマ米大統領政権が、核兵器の先制不使用方針を採用する可能性について、懸念を表明した。

参考サイト

(この項おわり)
header