北海道庁旧本庁舎は赤煉瓦造りの重要文化財

2013年8月15日 撮影
北海道庁旧本庁舎
北海道庁旧本庁舎(札幌市中央区北 3 条西6 丁目)は、北海道庁の本庁舎として、1888 年(明治 21 年)に建てられた煉瓦造りのアメリカ風ネオ・バロック様式の建物だ。1969 年(昭和 44 年)に国の重要文化財に指定された。。「旧道庁」「赤レンガ」などと呼ばれる。
北海道庁旧本庁舎の大きな写真大きな写真
(1920×1080 ピクセル, 657 Kbyte)
北海道庁旧本庁舎
館内には北海道立文書館 (もんじょかん) あり、1870 年代の札幌の町並みを再現したジオラマや資料などを展示している。

開拓当時から残されてきたポプラの大木が茂る前庭は、花壇が配されるなどオフィス街のオアシスとして市民に親しまれている。中庭の池には蓮の花が咲いていた。
北海道庁旧本庁舎の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 576 Kbyte)

交通アクセス

行き方ナビ
出発地の最寄駅:

目的地:北海道庁旧本庁舎
北海道庁旧本庁舎 関連

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header