西暦1853年 - ペリー来航

黒船あらわる

人はいつ見た (1853) 黒い船

ペリー
嘉永 6 年(1853 年)6 月 3 日、アメリカ東インド艦隊司令官ペリーが 4隻の軍艦(黒船)を率いて浦賀にやって来る。

ペリーは日本に開国を求めるアメリカ大統領フィルモアの国書を持っており、軍艦の大砲を陸地へ向け、脅した。パニックとなった江戸の町を見て、老中首座の阿部正弘 (あべまさひろ) はやむを得ず国書を受け取り、1 年後に回答することを約束した。
1840 年、イギリスがアヘン戦争で清に勝利するなど、西欧列強はアジアへ進出していた。
この流れに乗り遅れたアメリカは、太平洋航路を活かしてアジアへ進出することを決断する。1851 年 5 月、合衆国議会は日本遠征を決議し、ペリーは東インド艦隊司令官に任命された。
ペリーは日本を研究するためにシーボルトの著書を読み、助言を受けた。

1852 年 10 月 7 日、アメリカに先駆けて、ロシア帝国のプチャーチンが率いる日本遠征隊が出発した。
11 月 24 日、ペリーはミシシッピ号 1隻でバージニア州ノーフォーク港を出港。途中、香港や上海で 3隻の軍艦と合流し、浦賀へ向かった。
嘉永 7 年(1854 年)2 月 13 日、ペリーが再来する。幕府は回答の先延ばしを図るが、ペリー艦隊は江戸湾深くに入り、江戸城へ大砲を向けた。
3 月 3 日、ついに幕府は日米和親条約を結び、下田と函館を開港し、アメリカ船に対して水や食糧の補給をすることを約束した。これに続き、イギリス、ロシア、オランダなどとも同様の条約を結ぶ。

1855 年、ペリーが 3 年の遠征を終えて帰国した時、アメリカが南北戦争前夜の激動の中にあった。
日米和親条約にもとづき、安政 3 年(1856 年)7 月、ハリスが乗ったアメリカ船が伊豆半島の下田港にあらわれる。
安政 4 年(1857 年)10 月 21 日、ハリスは第13 代将軍・徳川家定 (とくがわいえさだ) に謁見する。
阿部正弘から老中首座を譲られた海外通の堀田正睦 (ほったまさよし) は、ハリスの提案内容を詳細に分析し、日本の不利にならないように交渉を進めた。
安政 5 年(1858 年)2 月 5 日、堀田は勅許を得るために京都へ上るが、孝明天皇 (こうめいてんのう) はこれを拒絶した。堀田は引責辞任し、代わりに井伊直弼 (いいなおすけ) が大老に就任した。
清を制圧したイギリスとフランスが 40隻の大艦隊を率いて日本へ向かっているという情報を入手したハリスは、条約調印を迫った。
6 月 19 日、井伊は勅許を得ずに日米修好通商条約を結び、日本とアメリカの間で交易が行われることになり、200 年あまり続いた鎖国が終わる。
その後、イギリスやロシアなどとも同様の条約を結ぶが、これらは外国人の治外法権を認めたり、関税の自主権を持たないなど、日本にとって不利な条約であった。
日本は大幅な輸入超過となり、金銀などが海外へ流出し、人々の生活は混乱した。
この不平等条約が解消されるまでに半世紀を要することになる。

安政 7 年(1860 年)1 月 13 日、日米修好通商条約の正式文書を交換するため、日本の使節がアメリカへ向かった。そのうちの 1隻が、勝海舟 (かつかいしゅう) が率いる木造船「咸臨丸 (かんりんまる) 」であった。通訳の中浜万次郎 (なかはままんじろう) (ジョン万次郎)や、福沢諭吉 (ふくざわゆきち) が乗船していた。
咸臨丸は 37 日かけて太平洋を渡りきり、2 月 26 日、無事にサンフランシスコに到着した。
1775 1800 1825 1850 1875 1900 1925 1853 ペリー来航 1804 1878 ハリス 1819 1857 阿部正弘 1810 1864 堀田正睦 1827 1898 中浜万次郎 1828 1899 勝海舟 1834 1901 福沢諭吉 1859 安政の大獄 1860 桜田門外の変 1815 1860 井伊直弼 1815 1875 鳥居耀蔵 1842 二宮尊徳、幕府に登用 1830 1859 吉田松陰 1800 1875 新門辰五郎 1829 1865 武市瑞山 1824 1869 大村益次郎 1827 1872 山内容堂 1834 1868 近藤勇 1835 1869 土方歳三 1862 生麦事件 1864 池田屋事件 1865 亀山社中 1866 薩長同盟 1835 1867 坂本龍馬 1827 1877 西郷隆盛 1830 1878 大久保利通 1864 高杉晋作の決起 1839 1867 高杉晋作 1833 1877 木戸孝允 1867 大政奉還 1824 1858 徳川家定 1836 1883 天璋院 1846 1866 徳川家茂 1846 1877 和宮 1831 1866 孝明天皇 1856 1860 アロー戦争 1840 1842 アヘン戦争 1831 1861 咸豊帝 1850 1864 太平天国の乱 1814 1864 洪秀全 1846 海王星の発見 1811 1877 ユルバン・ルヴェリエ 1812 1910 ヨハン・ゴットフリート・ガレ 1819 1901 ヴィクトリア女王 1804 1881 ディズレーリ 1809 1898 グラッドストン 1851 ロンドン万博 1860 全英オープンゴルフはじまる 1830 七月革命 1848 二月革命 1848 1849 フランクフルト国民議会 1808 1873 ナポレオン3世 1805 1894 レセップス 1831 1888 フリードリヒ3世 1815 1898 ビスマルク 1861 イタリア王国の成立 1810 1861 カヴール 1807 1882 ガリバルディ 1820 1878 ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世 1859 「種の起源」の出版 1809 1882 チャールズ・ダーウィン 1822 1884 メンデル 1822 1895 ルイ・パスツール 1860 「ロウソクの科学」講演 1791 1867 ファラデー 1818 1883 マルクス 1820 1895 エンゲルス 1809 1865 リンカーン 1818 1881 アレクサンドル2世 1815 神聖同盟 1854 1856 クリミア戦争 1846 1848 アメリカ・メキシコ戦争 1857 1859 セポイの乱 Tooltip

参考書籍

表紙 福翁自伝
著者 福沢諭吉/土橋俊一
出版社 講談社
サイズ 文庫
発売日 2010年02月10日
価格 1,296円(税込)
rakuten
ISBN 9784062919821
「本当の開国…コリャ面白い」幕末・維新の激動期を「自由自在に運動」した痛快無類の人生を存分に語り尽くす。
 
表紙 咸臨丸海を渡る
著者 土居良三
出版社 未来社
サイズ 単行本
発売日 1992年11月
価格 4,860円(税込)
rakuten
ISBN 9784624111410
咸臨丸に搭乗、初めてアメリカに渡った若き軍艦奉行・木村摂津守、その従者長尾幸作とその親友福沢諭吉。未公刊の航海日誌によって知る勝麟太郎の苦辛、アメリカ海軍大尉ブルックとジョン万次郎の友情、異郷に客死した3人の水夫たちー。咸臨丸渡航の実態とドラマを一次史料にもとづきいきいきと再現。
 
この項つづく
header