鳴門の渦潮 -高速観潮船から-

2013年12月15日 撮影
鳴門の渦潮
うずしお汽船の高速観潮船「うずしお」に乗り、鳴門の渦潮を間近で見ることができた。

潮見表を見て、大潮のタイミングを見て行くと良い。
この日は中潮だったが、まずまずの大きさの渦潮を見ることができた。
鳴門の渦潮の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 693 Kbyte)
鳴門の渦潮は、瀬戸内海と外海との潮位の差で起こる水の流れに加え、海底の地形が影響して海水が渦を巻く。春と秋の大潮の時には、直径 20 メートル、深さ 2 メートルにもなるという。

高速観潮船「うずしお」

高速観潮船「うずしお」
高速観潮船「うずしお」は予約なしで乗船できる。周遊コースは約 20 分。
高速観潮船「うずしお」の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 417 Kbyte)
高速観潮船「うずしお」乗り場
乗り場はこちら。
観潮船乗り場は 2 つあって、それぞれ異なる湊から発着するので注意が必要だ。

2007 年(平成 19 年)には、この近くにある大鳴門橋架橋記念館「エディ」を訪れている。エディでは、鳴門の渦潮のメカニズムや、瀬戸内海や四国に架かる様々な橋について学ぶことができる。

鳴門山展望台

鳴門山展望台
鳴門山(標高99 メートル)に登ると、大鳴門橋と鳴門海峡を一望することができる。

途中に休憩所があり、そこで大鳴門橋を上から 360 度眺めることができる。真下には、鳴門海峡、南東方面には紀伊水道、南方面には神戸淡路鳴門自動車道、西方面には鳴門スカイライン、北方面には瀬戸内海、小豆島などを一望することができる。

大鳴門橋

大鳴門橋
鳴門山から見下ろした大鳴門橋。

大鳴門橋は、全長1,629m、中央支間876m、主塔の高さは 144.3m だ。1976 年(昭和 51 年)7 月 2 日に着工し、総工費1,000 億円をかけ、1985 年(昭和 60 年)6 月 8 日に供用開始した。
橋は上下 2 層式となっており、世界初の道路・鉄道併用の本格的な吊り橋となっている。
大鳴門橋の大きな写真大きな写真
(1920×1080 ピクセル, 528 Kbyte)
大鳴門橋
高速観潮船から大鳴門橋を見上げたところ。

下層は新幹線を通すことが出来る構造なのだが、後に完成する明石海峡大橋が道路単独橋になってしまったため、神戸からの鉄道が大鳴門橋に通じる可能性はなくなってしまった。
大鳴門橋の大きな写真大きな写真
(2560×1664 ピクセル, 1350 Kbyte)

鳴門駅

鳴門駅
鳴門駅(徳島県鳴門市撫養町小桑島)は、JR 四国・鳴門線の終着駅である。徳島駅から高徳線を介してアクセスできる。列車は 1 時間に 1 本程度。

ここからバスに乗って鳴門公園に向かい、高速観潮船「うずしお」に乗ることができる。
鳴門市マスコットキャラクター「うずしおくん・うずひめちゃん」
駅前には、鳴門市のマスコットキャラクター「うずしおくん・うずひめちゃん」の石像があった。

交通アクセス

【バス】
  • JR鳴門駅からバスで 25 分、鳴門公園下車
  • JR 徳島駅からバスで 70 分、鳴門公園下車
行き方ナビ
出発地の最寄駅:

目的地:鳴門公園
鳴門の渦潮 関連

近隣の情報

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header